敬老の日・こどもたちが作った赤いバラで高齢者を笑顔に!

こどもたちによる新しい社会貢献の活動!

キッザニア甲子園で「フラワーギフトプランナー」開催、期間:2016年9月16日(金)~19日(月・祝)
■概 要
 内閣府認証第1号NPO法人の情熱の赤いバラ協会は、2007年より、情熱の赤いバラ100万本プロジェクトを開催し、全国の高齢者に赤いバラをお贈りしています。その中で、女性たちが主体となってこどもたちと一緒に社会貢献活動を行っているローズアンコニュが、昨年につづき、その実践の場をこどもが主役の街「キッザニア甲子園(KidZania Koshien)」(兵庫県西宮市)にて展開し、来場するこどもたちを対象に、期間限定アクティビティ「フラワーギフトプランナー」を開催いたします。


■具体内容
 期間限定アクティビティ「フラワーギフトプランナー」では、赤いバラには「愛情・情熱」という花言葉があることを伝え、これまで社会に貢献された高齢者の皆様に「いつまでも情熱を持って元気に過ごしてください」という気持ちを込めて赤いバラのアレンジメントを作ります。作成したアレンジメントは実際に高齢者施設に飾られ、高齢者を元気にします。2種類のアレンジメントを作り、1つの赤いバラのアレンジメントは自分の身近な高齢者に贈り、感謝の気持ちを伝えます。

(左:こどもたちが持ち帰るアレンジメント 右:高齢者施設に寄贈するアレンジメント ※写真はイメージです)


■目 的
 ローズアンコニュは、幼い頃から幅広い年齢層の様々な環境で生きる人たちとのふれ合いや、関わりを知ることで、多くのテーマに立ち向かう工夫や意欲、その際に生じる疑問や達成感が、健全な心を育み、生きる力、つまり社会で必要とされる能力や意識を生みだすと考え、こどもたちと社会貢献活動を行っています。

■【期間限定アクティビティ「フラワーギフトプランナー」実施概要】

名称:期間限定アクティビティ「フラワーギフトプランナー」
内容:
(1)素材の特徴や仕事内容の説明

(2)アクリルケースにクリスタルを入れ、ジェルを流し込み、バラを入れて、装飾を差し込む

(3)アクリルケースにメッセージを書き、ラッピングをして1つ目完成

(4)6人(1グループ)で分担し、みんなで1つのギフトを作る
◇オアシスに穴を開ける ◇オアシスの穴にボンドを入れバラを差し込む ◇リボンを差し込む ◇飾り石を接着 ◇ハートリーフを接着 ◇カーリースモークを接着

(5)台紙にメッセージを書き、ケースに入れて2つ目完成

(6)1つ目の自分用は感謝の気持ちを持って身近な高齢者に贈り、みんなで作ったものはローズアンコニュから、後日、高齢者施設88カ所に贈る説明を受ける。

実施期間:9月16日(金)~19(月・祝)
場所: 「フラワーギフト工房」パビリオン *キッザニア甲子園内特設会場
(館内に入館するのには予約が必要です。アクティビティへのご参加は当日参加可能で、先着順になります。)
定員: 6名/1回
所要時間:30分/1回
給料:8キッゾ(キッザニア専用通貨)協力: キッザニア甲子園/内閣府認証第1号NPO法人情熱の赤いバラ協会 ローズアンコニュ

■昨年までの活動の様子


情熱の赤いバラ協会:www.akabara.or.jp
情熱の赤いバラ協会 ローズアンコニュ:www.akabara.or.jp/inconnu/
キッザニア甲子園:www.kidzania.jp/koshien/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NPO法人情熱の赤いバラ協会 >
  3. 敬老の日・こどもたちが作った赤いバラで高齢者を笑顔に!