国内初で唯一、“しあわせ”をテーマにしたSNS型WEBサイト「しぇあわせ」がオープン

ユーザーの投稿行動をサイト登録団体の活動資金につなげ “幸せの見える化”に挑戦

マーケティングを通じた社会貢献のあり方を模索するプロジェクトとして、株式会社ジャパン コミュニケーションズ インスティテュート(港区芝浦3)は11月25日、“しあわせ”をテーマにしたSNS型WEBサイト「しぇあわせ(http://sharewase.jp/)」をオープンいたします。

今年3月に日比谷公園で開催された「HAPPY DAY TOKYO」出展時の様子今年3月に日比谷公園で開催された「HAPPY DAY TOKYO」出展時の様子

 

幸福度ランキングや、顧客・従業員の心のケアを重要視する企業の姿勢など、社会の幸せに対する関心が高まりを見せる近年。この動きを受け、「SHARE(シェア) +(する) SHIAWASE(しあわせ) =(で) SHAREWASE(しぇあわせ) しあわせならシェアしよう!」をコンセプトに、“しあわせ”について興味・関心のあるユーザーが集まる場所を提供。自分の幸せや社会の幸せについての情報や意見をシェアすると、任意の活動団体に無料で寄付ができる仕組みを導入し、“だれかの幸せがだれかの幸せにつながる”体験を通じて、ハッピーなアクションが広がるようにと願いを込めました。

この他、読むだけでハッピーになれる「しあわせニュース」や、社会の幸福度に関するデータ分析レポート、寄付金が提供される活動団体の活動レポートなど、「ハピネス」に関連したオリジナルコンテンツの配信も行い、SNSと連携することで、”しあわせ”という感情状態を多角的なかたちに変え、より良い社会づくりに貢献できる可能性を模索する実験的な試みで、未来の社会のあり方を提案してまいります。

<「しぇあわせ」の特徴① ユーザー投稿>


 

1. しあわせエピソード募集
「家族といるだけで幸せ」から「お金があれば幸せなの?」まで、幸せのおすそ分け投稿や、幸福な社会のあり方に対する問いなど、しあわせに関するあらゆる意見を募集。「自分のしあわせと他人のしあわせ、こんなに違うの?」という気付きとオピニオン交換の場所を提供します。

2. 1投稿=100円の寄付金
しあわせなエピソードを投稿すると、ユーザーの代わりに100円の寄付金が提供される仕組みを導入。ユーザーは、サイトに登録された活動団体の中から関心のある一つを選ぶだけで、彼らの活動を応援することができます。

3. コメントやシェアも寄付金に
投稿されたエピソードに、別のユーザーがコメントやシェアなどのアクションを起こすだけでも寄付金が加算。みんなが応援する気持ちが増えれば増えるほど、支援金というかたちで寄付先団体が恩恵を受けられるシステムで、“しあわせの見える化”を実現します。

<「しぇあわせ」の特徴② 豊富なオリジナルコンテンツ>


 

1. しあわせニュース&コラム
国内外の幸福に関連する動向を、ニュースやコラムとして配信。毎日読むと、毎日をハッピーに過ごせるコンテンツを用意して、日本全体の幸福度UPを目指します。

2. 幸福度マーケティングレポート
独自の調査項目で人々の幸福度を調査し、分析レポートとして配信。社会や団体、企業が実践これらを実践することで、より良い環境づくりを目指すことを応援します。

3. 寄付先レポート
サイトに賛同し、登録する活動団体の活動をレポート。ユーザーはこのレポートを通じて支援する寄付先の状況を知ることができ、つながりを感じることができます。

 


<WEBサイト概要>
名称:しぇあわせ
運営:株式会社ジャパン コミュニケーションズ インスティテュート
URL:http://sharewase.jp
Facebook:https://www.facebook.com/sharewase.jp/
Twitter:https://twitter.com/sharewase

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャパン コミュニケーションズ インスティテュート >
  3. 国内初で唯一、“しあわせ”をテーマにしたSNS型WEBサイト「しぇあわせ」がオープン