テラダ・ミュージック・スコア株式会社、音楽シーンに革命をもたらす世界初の「2画面電子ペーパー楽譜専用端末」を開発

テラダ・ミュージック・スコア株式会社(東京都品川区 代表取締役:野口不二夫)は、楽譜のデジタル化を通じて音楽シーンに革命をもたらし、音楽に関わる人々に新しい価値を提供することを目的として、世界初の 「2画面電子ペーパー楽譜専用端末(ブランド名:GVIDO)」(以下:電子楽譜専用端末)を開発しました。
【GVIDOとは】
11世紀初頭に五線譜の礎を考案したとされるGuido d’Arezzo氏に敬意を表し、『GVIDO』とその名を冠しました。

【電子楽譜専用端末】
このたび開発した電子楽譜専用端末は、E-INK社製の”Mobius”13.3型フレキシブル電子ペーパーを採用したことで、大型2画面ながら薄型軽量で楽譜とほぼ同じサイズを実現し(試作機は使用時で幅480mm、高さ310mm、厚さ5.9mm、重さ約650g)、電子ペーパーの低消費電力の効果で長時間の使用を可能としました。さらにワコムのペン入力技術を採用することで2画面とも付属のペンで紙のように書込み、消去ができます。
ファイル形式はPDFに対応し、手書きやブックマークなどと共に保存もできます。Wi-Fi/Bluetooth機能を搭載しているので、将来、電子楽譜サービスからの楽譜購入が手軽に行え、さまざまなアクセサリーとの接続も可能となります。内蔵メモリーに加えマイクロSDカードスロットも搭載しており、多量の電子楽譜を持ち運ぶことができます。
 

電子楽譜専用端末の試作機のイメージ電子楽譜専用端末の試作機のイメージ

 


 

 

 







【電子楽譜専用端末の実現を目指し、さまざまな活用の場を検討】
今後、電子楽譜専用端末の実用実験を通じて、使い勝手の良い商品を検証し、音楽に関わる個人や企業、さらに音楽大学、オーケストラなどと共に様々な活用の場を検討していきます。

【midemに出展】
2016年6月3日~6日の期間に、フランスのカンヌで開催される世界最大規模の国際音楽産業見本市midem(Marche International du Disque, de l' Edition Musicale et de la Video Musique)に出展します。本イベントを通じて、参加者と電子楽譜専用端末の活用について意見を交換し、本端末の早期商品化を目指します。midemについてはhttp://www.midem.com/をご参照ください。

【テラダ・ミュージック・スコアについて】
電子楽譜専用端末の開発の為に寺田倉庫とF55クリエイティブデザインスタジオが共同で設立しました。今後、さまざまな形で幅広く連携し、電子楽譜事業の本格稼動を目指します。

社名    :テラダ・ミュージック・スコア株式会社
事業内容    :電子楽譜に関わる事業全般
代表者    :代表取締役 野口不二夫
所在地    :〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10
設立    :2015年7月
URL    :http://www.GVIDO.tokyo/

寺田倉庫については下記をご参照ください
URL    : http://www.terrada.co.jp/ja/
F55クリエイティブデザインスタジオについては下記をご参照ください
URL    : http://www.f55.co.jp/

※記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. テラダ・ミュージック・スコア株式会社 >
  3. テラダ・ミュージック・スコア株式会社、音楽シーンに革命をもたらす世界初の「2画面電子ペーパー楽譜専用端末」を開発