五輪候補プロスノーボーダー川口晃平の総合サポート決定!

たけし接骨院(株式会社しん、本社名古屋市、水之江健志社長)は、平昌五輪スノーボードアルペン候補選手の川口晃平選手(パンダスタジオ・スキークラブ所属)の通年サポート契約を受託した。

          
たけし接骨院(株式会社しん、本社名古屋市、水之江健志社長)は平昌五輪スノーボード候補選手の川口晃平選手(パンダスタジオ・スキークラブ所属)の通年サポート契約を受託した。
 株式会社しんは名古屋市中区大須で接骨院を経営し、多くのプロアスリートが信頼して通い、スノーボーダーだけでなく総合格闘技選手やプロゴルファーなど多くのプロスポーツ選手が勝負に勝つ身体づくりの為にメンテナンスに通う。
 ワールドカップ43回出場の川口選手は現在2017年のワールドカップ、2018年平昌五輪への出場を目指しており、たけし接骨院は総合フィジカルサポートを務める。
 今後、たけし接骨院はプロスポーツ選手の為の動作分析、評価、体幹トレーニングなどのサポートを積極的に行い、その技術、知識を一般のスポーツ愛好家などへも広めるコースを設定する予定である。

 

川口晃平選手と水之江社長川口晃平選手と水之江社長


たけし接骨院オフィシャルHP
http://www.takeshi2525.com/


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 しん >
  3. 五輪候補プロスノーボーダー川口晃平の総合サポート決定!