ディーラーの新たなセールストーク術はラップ!試乗中の車がフリースタイルラップLIVE会場に!?WEB動画「Polo with beats ドLIVE!」 配信開始

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役:ティル シェア、本社:愛知県 豊橋市、略称:VGJ)は、若者を中心に大人気の世界的オーディオブランド「Beats」とコラボレーションし、音に徹底的にこだわったプレミアムサウンドシステムを搭載した限定車『Polo with beats』を発売するにあたり、同車の魅力を紹介するWEB動画「Polo with beats ドLIVE!」を本日より配信致します。
 『Polo with beats』は優れた快適性、高い実燃費、卓越した走行性能など、お客様のクルマに対する様々なご要望に基づき徹底的に作り込まれたフォルクスワーゲンのクルマづくりの姿勢と、低音が強調されながらボーカルがこもらずに聞ける、独自のミキシング技術を持つ「Beats」の2社がコラボレーションした限定車です。

WEB動画「Polo with beats ドLIVE!」は、『Polo with beats』の音質の良さや魅力を、車好きの方だけでなく音楽が好きな方やファッションが好きな方にも発信していくために制作いたしました。
動画の内容は、接客する販売店スタッフと販売店を訪れたお客様が、ごく自然なやりとりの中から、いきなりPolo with beatsの魅力をラップで唄い始め、白熱したフリースタイルラップバトルへと発展していく、という流れとなっています。

                                                      WEB動画「Polo with beats ドLIVE!」
■Polo with beatsについて
Polo TSI Comfortlineをベースに、プレミアムサウンドシステム“beats sound system”を搭載し、内外装共に「Beats」の世界観をイメージしてデザインした、Poloのライフスタイルモデルです。プレミアムサウンドシステム”beats sound system”は、300W、8チャンネルのパワーアンプにデジタルプロセッサーを搭載し、6個のスピーカーとサブウーハーの合計7個のハイエンドスピーカーを車両全体にレイアウトすることで、力強い低音から澄み渡る高音までお楽しみいただけます。エクステリアは、ドアのデコレーションフィルム、ドアミラーや16インチアルミホイールによるボディカラーとのコンビネーションをお選びいただけます。インテリアは、ドアトリムやダッシュボード、シートカラーにグレーをあしらい、シートベルトやBeatsのブランドロゴである“bマーク”がデザインされた専用シートにはレッドステッチが施され、インテリアカラーに賑わいが感じられます。


■動画ストーリーについて

 

 

 フォルクスワーゲンの販売店にやってきた一人のお客さん。販売店スタッフは『Polo with beats』の試乗を勧めます。二人で車に乗り込んで試乗していると販売店スタッフがお客さんにbeatsとのコラボレーションしたサウンドシステムを搭載しているため音質が良いことを伝えます。そして販売店スタッフがおもむろに音楽をかけ始めます。音楽が流れはじめると、販売店スタッフが突如ラップをはじめます。突然の出来事に驚きを隠せないお客さん。販売店スタッフはPolo with beatsの機能や魅力をトラック(音楽)に乗せて饒舌にセールストークを繰り広げます。最初は驚いていたお客さんも徐々に盛り上がり、一緒にラップをはじめます。お客さんが車の機能についての質問をラップでし、ビートに乗せてラップで質問に回答する販売店スタッフ。二人のラップは次第にヒートアップし、車内は超密室のライブハウス状態となって動画が締めくくられます。

■撮影時エピソードについて
①出演者の佐伯公介さんと板橋駿谷さんは撮影現場で初めて『Polo with beats』を体験しました。音楽好きの二人は真っ先にスピーカーのクオリティーを確認。『Polo with beats』から聞こえてくる重低音の迫力に日頃音楽に触れている二人もあまりのクオリティーにびっくり。
クルマの外まで迫力のある音が鳴り響き、辺りにいたスタッフからも「まるでクラブにいるかのようだ」というコメントも聞こえてきました。

②1984年生まれの同い年の佐伯公介さんと、板橋駿谷さん。LIVEハウスで活躍するラッパーの佐伯さんと、舞台で活躍する俳優の板橋さんとジャンルの違う二人だが10年前にお互いのステージを見て共感。いつか一緒に作品を作ろうと意気投合し今回の企画を佐伯さんから声を掛け、今回の共演が決定しました。現場の雰囲気も終始あげあげでリハーサルから息のぴったり合ったラップを披露。
 


■配信概要
名称:「Polo with beats ドLIVE!」
配信時期:2016年11月2日(水)〜
出演:佐伯公介、板橋駿谷
動画の尺:131秒
配信URL:https://youtu.be/gTo6OyNbLcA

■出演
佐伯 公介(サエキ コウスケ/Kosuke Saeki)
[「佐伯公介」の画像検索結果]  ラッパー/プロデューサー/モデル

1985.01.16東京生まれ 184cm/69kg
 Rap/Track/Compose全てを自ら行うマルチラッパー。
2009年の配信シングル「That's Why」でデビュー(旧名CAMEL名義)。MVではZeebra,Rino LatinaⅡ,般若などジャパニーズHIP HOPシーンの重鎮達のカメオ出演で話題を呼ぶ。
 翌2010年結成したラップグループAlliesでインディーズデビューし、2012年にはSONY Def STAR Recordsからメジャーデビューを果たす。楽曲提供も並行して行っており、三浦大知,松下優也などのシンガーから フリースタイルダンジョンで話題の般若,UZIなどコアなHIP HOPシーンまで 作家活動は多岐に渡る。
2014年Allies解散を機に名前を「佐伯 公介」と改めソロに戻り、 現在はライブ活動をしながら音源制作中。

 
 板橋 駿谷(/Syunya Itabashi)
タレント・俳優

1984年7月1日生まれ
H:178 B:98 W:78 H:98 S:28
映画や舞台、テレビなどで活躍。これまでの主な出演作は、映画『SRサイタマノラッパー・ローサイドの逃亡者』、舞台『ロロ「いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三小学校」』、テレビ東京『ドラマ24「クローバー」』など。今後の更なる活躍が期待される。
代表作品WOWOW『ネオウルトラQ』(2013) / 映画『青春墓場~明日と一緒に歩くのだ~』主演(2010) / 映画『SRサイタマノラッパー・ローサイドの逃亡者』(極悪鳥 MC海原役)(2012) 


 
  1. プレスリリース >
  2. フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社 >
  3. ディーラーの新たなセールストーク術はラップ!試乗中の車がフリースタイルラップLIVE会場に!?WEB動画「Polo with beats ドLIVE!」 配信開始