「ディープインサイトとデータテクノロジーが販売代理店契約を締結」 国産初エンベデッドディープラーニングフレームワーク「KAIBE(カイバー)」を拡販

ディープインサイト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:久保田良則、https://www.deepinsight.co.jp 以下、ディープインサイト)、IoTソリューション「SenSu(センス)」や組込みミドルウエア「Cente(セント)」シリー ズで豊富な実績を有する組込みシステム業界の専門企業であるデータテクノロジー株式会社(本社:東京都 立川市、代表取締役 渡邊 和彦、以下、データテクノロジー)と国産初IoTとEdge Computing向けエンベデ ッドディープラーニンフレームワーク「KAIBE」拡販に向けて代理店及びコンサルティングパートナー契約 を締結致しました。
 

                  
データテクノロジー社は長年にわたり組込みソリューションビジネスを展開し、数々の国内優良顧客と取引を行い、また、近年はIoTソリューション「SenSu(センス)」を開発し、事業領域を広げているリーティングカンパニ ーです。

現在、爆発的な成長が見込まれているディープラーニングを応用したビジネスは、いくつかの課題も指摘されています。それはIoTデバイスなど組込み分野へのディープラーニング技術の導入環境が未整備であることで す。ディープラーニング技術をIoTデバイスに組み込んでリアルタイム性が要求される商用サービスを展開したい場合、今主流のオープンソースのディープラーニングフレームワークでは実現が困難です。小型デバイスへの組込みを考慮していないアーキテクチャで、商用サポートも殆ど提供されていません。

今後、販売展開されるエンベデッドディープラーニングフレームワーク「KAIBE(カイバー)」は、Edge Computingと呼ばれるリアルタイム性の高いIoTシステムを実現できる組込み分野に特化した国産初の製品です。データテクノロジー社は、組込み分野での豊富な実績と経験をもとに、「KAIBE(カイバー)」の販売・コン サルティングサービスを中心とした商用サポート体制を構築し、ディープインサイトは共同で、IoTを含む組込 み分野へのディープラーニング技術の普及を加速する為、今回、販売代理店契約を締結致しました。[page1image5624]「KAIBERの用途」

「KAIBE」はDNN(Deep Neural Network)の学習・開発環境として機能し、また作成した推論実行モジュール は多様な小型デバイスやエッジサーバー、そしてスマートフォンなど􏰁端末アプリケーションに簡単に組み込むことが可能で、IoTシステムへのディープラーニングの導入を劇的に促進するエンベデッドディープラーニングフレームワークとして利用できます。 ディープラーニングフレームワーク自体の開発には高度な技術力が必要であり、世界的にも限られた種類し か存在しません。しかも、「KAIBE」のように組込み分野に特化した汎用フレームワークは皆無です。
                     


「KAIBERの特徴」
             
小さなモジュールを組込むだけ 
学習サーバー機能と完全分離された推論実行モジュールを、多様なデバイス・アプリに簡単に組込み可能。 業界最小クラス(20K~)のフットプリントを実現。

純国産のディープラーニングフレームワーク 
すべてのコードをゼロから開発。完全自社開発の為、プロジェクトに合わせた柔軟な商用サポートも提供可能。 先進のGUIを搭載し、効率よく作業を行えるので開発・検証も容易。

多様なアーキテクチャに迅速対応
フレームワーク全体をJavaで開発し、推論実行モジュールはC言語版も用意。新しいデバイスやプラットフォームに即座に対応。

柔軟な課金モデル
標準版(iOS/Android)の推論実行モジュールは無償配布可能。少量のテスト販売から量産品への組込みまで、 リスクを抑えながら幅広いビジネスに挑戦できます。多様な独自デバイス(CPU/GPU/FPGA/DSP等)への最適化にも対応するロイヤリティ方式も準備。

*「エッジコンピューティングと」

中央􏰁サーバーに対し、ネットワークのエッジ(末端)のユーザーに近いところで分散処理させ、クラウドやネットワークのコストを抑え、レスポンスのリアルタイム性を高められる技術です。IoTシステムにおいては、デバイス と、そこから遠く離れたクラウドコンピューティングだけでは不十分で、IoTデバイスの近くでコンピューティング 処理を行うエッジコンピューティングが必要であるということが広く認識されつつあります。

データテクノロジー株式会社について

データテクノロジー社の組込み開発現場へ自社ブランドの組込みミドルウェア(Cente)を始め、 最適な開発 環境や製品、ソリューションを提供する専門企業です。

ディープインサイト株式会社について 当社は、「告往知来」(こくおうちらい)という鋭い洞察力を表す故事成語をキーワードに、ディープラーニング技術で未来を見通す力を生み出す企業をめざすテクノロジーベンチャーです。日本で初となる組込み向けディー プラーニングフレームワーク「KAIBE」(カイバー)を独自開発する技術力を保有し、IoTとエッジコンピューティングの融合を強力に推進しています。

会社名:データテクノロジー株式会社
代表者: 代表取締役 渡邊 和彦 所在地:東京都立川市錦町1-8-7 立川錦町ビル8F 電話: 042-523-1177
http://www.datec.co.jp/ お問い合わせ先:sales@datec.co.jp
担当:営業部 杉本明彦

会社名:ディープインサイト株式会社
代表者:代表取締役社長 久保田良則 所在地:東京都品川区東五反田5−22−37 オフィスサークルN五反田1109 事業:ディープラーニングシステム􏰁企画・開発・販売 https://www.deepinsight.co.jp
お問い合わせ先:contact@deepinsight.co.jp
担当:久保田

以上 
  1. プレスリリース >
  2. ディープインサイト株式会社 >
  3. 「ディープインサイトとデータテクノロジーが販売代理店契約を締結」 国産初エンベデッドディープラーニングフレームワーク「KAIBE(カイバー)」を拡販