読売ジャイアンツとTagboardがファンが投稿したソーシャルメディアコンテンツをオーロラビジョンに投影するサービスを開始

日本で最も歴史ある野球チームが伝統ある東京ドームでファンとの交流のため「ジャイアントな」一歩を踏み出したTagboardはファンがチームとの繋がりを感じられるプラットフォームを提供

2019年4月1日 日本 東京都文京区―プロ野球シーズンが開幕し、読売ジャイアンツのホームゲームを観戦するファンは試合だけでなく、他にも楽しめる施策を球場内で体験できます。

日本で最も歴史のあるプロ野球チーム「読売ジャイアンツ」は、アメリカに拠点を置くファンエンゲージメントのリーダーであり、リアルタイムでソーシャルメディアのコンテンツを大型ビジョンなどに投影するプラットフォームを提供するTagboardのサービスを導入しました。


読売ジャイアンツのホームゲームでは、東京ドームに約45,000人のファンが収容されます。Tagboardによる唯一無二のテクノロジーを使えば、ファン一人ひとりのスマートフォンから発信されるストーリーを伝統ある球場のオーロラビジョンや場内のスクリーンに映し出すことができます。

「世界のプロスポーツ事業者は、ファン体験を次のレベルに押し上げるための努力を続けています。これを達成するための方法としてタグボードをご活用いただいております。」と、Tagboard創業者兼CEOのジョシュ・デッカーは語っています。「リアルタイムでの交流により、ファンは他では味わえない体験ができます。スクリーンに映し出されるソーシャルストーリーの一角をファンが担うのです。世界で最も素晴らしい野球チームの一つが我々のプラットフォームを使用することをとても楽しみにしています。」

Tagboardはこれまでも、西武ライオンズ、シアトル・マリナーズ、サンフランシスコ・ジャイアンツや2018年のワールドシリーズチャンピオンのボストン・レッドソックスを含め世界中で200以上のスポーツチームとそのファンのユーザー体験を充実させています。

来週開催されるSPORTS TECH TOKYOにTagboardは参加いたします。電通とスクラムベンチャーズが共同開催する、スポーツ分野において優れた技術や事業アイディアを持つスタートアップを世界中から募り、メンタリングするプログラムです。SPORTS TECH TOKYOは有力企業がアジア、特に日本においてオープンイノベーションやコラボレーションを実現する機会を創出しています。


<Tagboardについて>
Tagboardはソーシャルメディアコンテンツをリアルタイムにあらゆるスクリーンに繋げることのできるソフトウェアプラットフォームです。何千ものメディア企業、グローバルブランド及びスポーツチームにリアルタイムのソーシャルコンテンツ検索、直感的で簡単なキュレーションやプロダクションを提供しています。テレビ放送、ライブ・ストリーミング、ウェブサイト、モバイル・アプリ、スタジアムのスクリーンなどの様々なメディアにコンテンツを映し出しています。Tagboardはアメリカにおける主要なソーシャルネットワーク全てと提携しており、全世界10,000以上のブランドから信頼を得ています。Tagboardはシアトル地域を拠点としており、ロサンぜルス、ニューヨーク、東京に支社を置きグローバル展開しています。詳細については、http://www.tagboard.comをご参照ください。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Tagboard Japan株式会社 >
  3. 読売ジャイアンツとTagboardがファンが投稿したソーシャルメディアコンテンツをオーロラビジョンに投影するサービスを開始