【一人暮らしに関する意識調査結果報告 2017】〜隣に住んで欲しい男性・女性タレントのランキングも発表!〜

一人暮らしをしている方、全国2,350名に聞きました!

公益社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)、公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会(全宅保証)では2017年も一人暮らしに関するアンケートを、現在一人暮らし中の方だけを対象に専用フォームによるインターネット調査を実施。この度、その調査結果がまとまりましたので、広く周知していただく為に報告書を公開させてただきます。

全宅連・全宅保証では2017年も一人暮らしに関するアンケートを、現在一人暮らし中の方だけを対象に無作為抽出で47都道府県ごと各50名に専用フォームによるインターネット調査を実施。一人暮らしにおいて、回答者が妥当と考える家賃や、居住に関する満足点や不満点、重視する周辺環境週や部屋の設備、その他一人暮らしの生活マナーなども調査結果としてまとめております。また、隣に住んで欲しい男性・女性タレントのランキングも発表しています。

【一人暮らしに関する意識調査 概要】
①調査期間
2017年2月17日〜2月23日
②調査方法
専用フォームによるインターネット調査
③調査対象
日本国内全域の18歳以上の男女
④対象者
現在一人暮らしをしている 47都道府県 各50名 合計2,350名

※下記URLより詳細をダウンロードして下さい
2017年 一人暮らしに関する意識調査
https://prtimes.jp/a/?f=d23534-20170420-3737.pdf

2017年 一人暮らしに関する意識調査 都道府県別
https://prtimes.jp/a/?f=d23534-20170420-6836.pdf

【主な調査結果として】
  • 設問『あなたが一人暮らしをすることで感じられる“良いこと(満足点)”を教えてください。』
男性では、家族等同居人に合わせる時間に縛られず、自由に生活できる気軽さ、気楽さが年代を問わず共通のワードとして上げられる。女性では「自分のペースを守れる」「自分の思いのまま生活できる」ことが重視されている傾向が見受けられる。
 
  • 設問『あなたが一人暮らしをすることで“困ること(不満点)”を教えてください。』
困ること(不満点)において、「病気などの時の不安感」「家事全般が面倒」が多く「家事」「体調」「不安」「困った時に助けてくれる家族等が)いない」などが挙げられた。
また、自由気ままではあるものの孤独やさみしさとともに、防犯上の不安を感じる意見も多かった。
 
  • 設問『隣に住んでいて欲しい男性タレント・女性タレントを教えてください』    
男性1位が「タモリ/森田一義 さん」、女性1位が「新垣結衣 さん」という結果となりました。
理由については、「タモリ/森田一義さん」の場合“常識をもちあわせて信頼できそう”や“多彩な趣味や知見を持っているので会話が楽しそう”などが挙げられ、「新垣結衣さん」の場合は“可愛くて素敵だと思うので”や“見かけるだけでその日一日いいことありそう”というものがありました。
その他、男性2位が「所ジョージさん」で、3位が「明石家さんまさん」、女性2位が「天海祐希さん」、3位が「綾瀬はるかさん」という結果となりました。
また、番外として「マツコ・デラックスさん」が男性タレントとしても女性タレントとしても票が入り合計得票数だと男性タレント、女性タレントのどちらの5位を上回る人気となっています。

※下記URLより詳細をダウンロードして下さい
2017年 一人暮らしに関する意識調査
https://prtimes.jp/a/?f=d23534-20170420-3737.pdf

2017年 一人暮らしに関する意識調査 都道府県別
https://prtimes.jp/a/?f=d23534-20170420-6836.pdf
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会 >
  3. 【一人暮らしに関する意識調査結果報告 2017】〜隣に住んで欲しい男性・女性タレントのランキングも発表!〜