太陽光業界初・太陽光発電メンテナンス事業者用O&M総合補償制度「メンテナンスPLUS」提供開始のお知らせ

O&M業者様のメンテナンスリスクの軽減するトータルサポートを提供

【サービスの概要】
太陽光発電システムに不具合が発生した場合、O&M事業者様にとって、その原因を明確にする際に、「製品起因」「施工起因」「メンテナンス業務瑕疵」等の責任境界の判定や説明に係る業務負担は相当に大きく、その修補の為の費用負担はO&M事業者様はもちろん、発電事業者様(お客様)にとっても課題となっておりました。
本サービスは、そのような事案が発生した場合でも、O&M事業者様のメンテナンスリスクを軽減し、発電事業者(お客様)の収益最大化に貢献できる、太陽光業界初の総合補償制度です。
【サービスの特長】


特長1 機器故障による本体費用・工事費用を補償
突発的な電気的・機械的な不具合が発生した際でも、費用負担について発電事業者(お客様)と交渉することなく、速やかな修理対応が可能となり、お客様の損失を最低限に抑えます。
※万一、海外モジュールメーカーなど、製造元・販売元が破たんした場合でも、
電気的・機械的な不具合に保険対応が可能となる「バックアップ補償」としても御利用頂けます。
※自然災害についてもフルカバー補償を、修理回数無制限にて対応可能としています。

特長2 専門チームによる「年次点検」や「年次レポート作成」を代行
専門チームによる「年次点検」や「年次レポート作成」をご提供します。必要な年次点検等の外注化により、O&M事業者様の業務負担の軽減を図ります。
※現場出動代行を含めた日常的なフィールドワークの外注化や、煩雑な特殊機器により高圧案件の精密検査など技術サポートのご利用(別途契約)も可能となります。

特長3

 

 発電量シミュレーション補償(無償付帯)・出力抑制補償※を付帯
万が一、機器故障により売電停止期間が発生した場合、メーカー提供の発電量シミュレーションソフトの試算結果に基づき、“逸失発電量”に相当する金額を補償します。
また電力会社による出力抑制実施の際に見舞金※をお支払いします。
出力抑制見舞金は、1抑制あたり最大10万円となります。2017年10月までのご契約物件については無償にてご提供します。発電量シミュレーション補償は、年間限度額30万円、免責期間3日間などの適用条件が設定されます。
※上記補償制度における適用条件および免責事項については別途お問合せください。

【メンテナンスPLUSセミナー(説明会)を開催します】
3月1日~2日 東京 ベルサールNEXT東新橋5号館Room2   13:00~15:00
<メンテンスPLUSセミナーに関するお問い合わせ先>
株式会社イワテック                      095-843-6448 / solar@iwatec.co.jp
<メンテンスPLUSに関するお問い合わせ先>
日本リビング保証株式会社       ホームページ : http://jlw.jp/       
                   連絡先:03-6276-3228 / solar@jlw.jp
株式会社イワテック                     ホームページ:http://www.iwatec.co.jp/
                                                  連絡先 : 095-843-6448 / solar@iwatec.co.jp



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. 株式会社イワテック
  3. 太陽光業界初・太陽光発電メンテナンス事業者用O&M総合補償制度「メンテナンスPLUS」提供開始のお知らせ