海の日に見たい! 夏休みの体験で子どもたちは“一人前”になる?『なろう。一人前に。〜夏休み編〜』 WEB動画公開!

2017年7月17日(月)より公開 【https://youtu.be/i7xSLmPNGuk

 ボーイスカウト日本連盟(理事長・奥島孝康)は、ボーイスカウトの活動に対する理解・認知向上を目的として、『なろう。一人前に。』をテーマとしたWEB動画『なろう。一人前に。~夏休み編~』を、海の日【2017年7月17日(月)】より公開いたします。

 

動画では、夏休みに海に遊びに来たのにゲームばかりしている男の子がボーイスカウトとの触れ合いから、「イカダ作り」に挑戦することで、活発かつ一人前に成長していく様子を表現。ボーイスカウト活動の体験をとおして、自分のことは自分ででき、何事にも挑戦し、誰かの助けになれる、そんなボーイスカウト流の”一人前”に成長していく姿を表しています。

❖WEB動画 『なろう。一人前に。~夏休み編~』 概要
 
気付けばもう7月中旬の「海の日」。子どもたちにとって一年間で最も楽しみな「夏休み」のシーズンがやってきました。子どもたちは夏休みになると山に行ったり、海に行ったりさまざまな体験をとおして”一人前”に成長していきます。夏休みに先駆けて、ボーイスカウト日本連盟はイキイキとイカダ作りに励み“一人前”になっていく男の子の様子を描いた動画『なろう。一人前に。~夏休み編~』を公開します。
お子さまと保護者の方で一緒にご視聴いただき、ボーイスカウトに興味をおもちいただければ幸いです。
【タイトル】なろう。一人前に。~夏休み編~ 
【公開日】2017年7月17日(月) 
【URL】https://youtu.be/i7xSLmPNGuk
【キャンペーンサイト】https://www.scout.or.jp/entry/

❖ストーリーボード

①夏休みも始まり、家族で海に遊びに来たのにずっと一人でゲームをしている男の子「ハルくん」。通りかかった丸太を運んでいる二人のボーイスカウトの青年が気になって見ていると、「見においでよ」と誘われます。

 

②二人の青年が丸太を組み立てる様子や慣れた様子でロープを扱う姿を見て、ハルくんは次第に興味をもち始めます。


 

③青年たちの様子に感化されたハルくんは「僕も何か手伝うよ」と自ら申し出てイカダ作りに挑戦することに。イカダづくりに励む様子は真剣そのもので“一人前”の大人を彷彿とさせるような表情へと変わっていきます。


④ハルくんと一緒に遊びに来ていた姉達もハルくんの真剣な取り組みに興味を示してイカダ作りを手伝い、やがてイカダは子どもたちの手によって完成しました。

 

⑤イカダを作り上げたハルくんは達成感でみんなと喜びを分かち合います。また、青年からネッカチーフを「仲間のしるし」としてプレゼントされ、ハルくんはさらに大喜びします。


⑥やがてハルくんたちは、作ったイカダに乗って大海原へ出発します。イカダを漕いでいる様子と『なろう。一人前に。』の文字が映り、動画は終わります。


❖一緒に見たい!2017年4月公開動画『一人前かるた』

ボーイスカウトは2017年4月にも動画を公開しています。今回の動画でボーイスカウトの活動に関心をおもちいただけましたらぜひ併せてご覧ください。
4月の動画では、『なろう。一人前に。』から「な」「ろ」「う」「い」「ち」「に」「ま」「え」の8文字をかるたに見立て、授業に積極的に参加したり、笑顔で誰とでも仲良くなれるなどの子どもたちの姿を紹介。
ボーイスカウト活動の体験をとおして、自分のことは自分ででき、何事にも挑戦し、誰かの助けになれる、そんなボーイスカウト流の”一人前”に成長していく姿を表現しています。
【タイトル】一人前かるた
【URL】 https://youtu.be/Lp2HqvTesqM
【公開日】2017年4月10日(月)   


❖ボーイスカウト日本連盟について


■ボーイスカウトの活動概要

ボーイスカウトと聞くとイメージするのはキャンプやハイキング、そして街頭募金などとよく言われます。ボーイスカウト活動は、野外で、子どもたちの自主性、協調性、社会性、たくましさやリーダーシップなどを育んでいきます。そのプログラムはバラエティに富んでいて、各年代においてもさまざまです。

1907年にイギリスで始まった青少年教育活動は、いまでは世界164の国と地域で約4,000万人、日本全国では団と呼ばれる活動母体が2,000以上あり、約11万人が活動しています。

■国際性豊かなボーイスカウト運動

ボーイスカウトは、とても国際性の豊かな青少年団体の1つです。たとえば世界中のスカウトたちが集うスカウトジャンボリーという大会があります。
2015年には第23回世界スカウトジャンボリーを山口市阿知須・きらら浜で開催し、世界155の国と地域から約3万4,000人が参加しました。この他、さまざまな国への派遣プログラムの実施や、国内最大級のキャンプ大会である日本スカウトジャンボリーなど、同じ志をもったスカウトたちがともにキャンプ生活を行う、生きた国際交流を体験できる機会が数多くあります。

■年代別のプログラム
ボーイスカウトは一貫した教育方針のもと、各年代にわかれて教育プログラムを実施しています。


【ビーバースカウト】対象年齢:小学1年生の4月から
ボーイスカウトで最年少の小学1年生から2年生(就学直前の1月から仮入隊が可能)を対象としています。「みんなと仲良く遊ぶ」「自然に親しむ」「楽しみや喜びを分かちあう」などをねらいとし、さまざまなことにチャレンジします。
 

 

 【カブスカウト】対象年齢:小学3年生の4月から

小学3年生から5年生を対象としています。「自分で考え自分のことは自分でする」「みんなでルールを作って仲良く遊ぶ」「自然や社会とふれあうこと」などを通じ、自立心や想像力を養います。

 

【ボーイスカウト】対象年齢:小学6年生の4月から

小学6年生から中学3年生を対象としています。キャンプやハイキングなどの野外活動の中で、「リーダーシップ」「協調性」「社会性」などを育みます。

また、奉仕活動を積極的に行い、「人のために役立つことの大切さ」も学びます。


【ベンチャースカウト】【ローバースカウト】
高校生年代になるとベンチャースカウトに、18歳から25歳まではローバースカウトになります。一貫性教育の最終段階となり、アドベンチャーに富んだ内容や地域社会への奉仕活動、国際交流など幅広い分野での活動となります。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人ボーイスカウト日本連盟 >
  3. 海の日に見たい! 夏休みの体験で子どもたちは“一人前”になる?『なろう。一人前に。〜夏休み編〜』 WEB動画公開!