日本の技術を集結したゴルフパター『SP』が数量限定発売

メイドインジャパンのハンドメイドパターが世界を変える

(有)三貴(本社:神奈川県横須賀市/代表:新井宗徳)が展開するゴルフシャフトブランド『サンキプラナリア/SANKIPLANARIA』は、事業開始5周年を記念して、30本の数量限定でゴルフパター『SP』を2017年4月11日より、発売を開始いたします。

 

日本の技術を集結した『SP』パターが発売日本の技術を集結した『SP』パターが発売

「三貴」は、鉄道車両の部品など金属加工を手掛ける製造業を行っています。その技術ノウハウをゴルフクラブに活かせればという想いから、2012年より本格的にオーダーメイドでのオリジナルゴルフドライバーシャフトを制作する「サンキプラナリア」を立ち上げました。

5年間培ってきたドライバーシャフト製作の技術やノウハウを活かすべく、ゴルフ道具の中でも1番繊細な『パター製作』に挑戦しました。2014年から構想し、日本の技術のある職人1人1人に協力をいただき、ヘッド部分、塗装からグリップの縫合など、全て手作業で行いました。

 “日本が誇るモノづくり”を、ゴルフクラブでも表現したいという想いから、完成したパターです。

<特徴>
  • 『3つの型』を採用したヘッド


見る角度によって、様々な表情を持つヘッドにしました。操作性が良いといわれているL型、安定・安心感のあるマレット型、構えやすさの良いピン型、この3つの特徴を取り入れました。操作性・安心感・構えやすさの3つを実現したヘッドです。さらに、ヘッドとシャフトの一体感、美しい流れを表現するために、ネックの部分は手作業により、曲線を作りました。優しさを出すためにカラーは、ピンクゴールドです。


 
  • 『カーボン』シャフト


シャフトもヘッドが活きるように、ヘッドもシャフトが活かせるように研究してきた結果、「カーボン」をシャフトに採用しました。そして、カーボン繊維の中に特殊合金金属を配合する事によって、ヘッドの重量感が手に伝わり、感度が劇的に良くなります。距離感、転がりの良さを実現しました。











 
  • 『馬革』のグリップ


様々な革を試験してきた中、グリップは『馬革』を選びました。上質な部分を使うことで、やわらかく強度もあり、しなやかで手にフィットします。また馬革は、雨の日でもグリップの密着感を保ちます。全て手縫いのため、きめ細かく繊細です。代えの利かない“唯一のグリップ”になりました。













 

名称:『SPパター』

発売開始日:2017年4月11日(※パターは、ご注文をお受けしてからの製造になります。多少お時間をいただきます。ご理解のほどよろしくお願いいたします)
販売価格:41万8000円(税込み) ※オリジナルケース付き
販売方法:サンキプラナリアオフィシャルサイト、契約販売店
URL:http://sankiplanaria.co.jp/index.html
お問い合わせ:046-837-1192 もしくは info@sankiplanaria.co.jp

 


※オフィシャルFacebookにてパター・ドライバーシャフトの情報発信中!
https://www.facebook.com/sankiplanaria/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 有限会社三貴 >
  3. 日本の技術を集結したゴルフパター『SP』が数量限定発売