福岡市のベンチャー企業が「IoTスマートホーム」の販売を開始

「最新のIoT機器」を実装した分譲戸建住宅を販売

株式会社ニーズコーポレーション(代表取締役 古賀和也 福岡市博多区 以下:当社)は、当社が分譲する戸建住宅に最新のIoT機器をあらかじめ実装した「ニーズヴィラSMARTHOME」の開発と今夏の販売を開始すると発表した。「ニーズヴィラSMARTHOME」とは、スマートフォンで操作するスマートロック「Qrio」やクラウド上で操作、録画ができるクラウドカメラ「セーフィー」、スマートデジタル窓「アトモフウィンドウ」、留守番中の子供の見守りロボット「BOCCO」などを予め実装している。


 株式会社ニーズコーポレーション(代表取締役 古賀和也 福岡市博多区 以下:当社)は、当社が分譲する戸建住宅に最新のIoT機器をあらかじめ実装した「ニーズヴィラSMARTHOME」の開発と今夏の販売を開始すると発表した。「ニーズヴィラSMARTHOME」とは、スマートフォンで操作するスマートロック「Qrio」やクラウド上で操作、録画ができるクラウドカメラ「セーフィー」、スマートデジタル窓「アトモフウィンドウ」、留守番中の子供の見守りロボット「BOCCO」などを予め実装している。

 お客様は住宅購入と同時に最新のIoT機器を活用し、防犯セキュリティから見守りなど利便性の高い生活を体験することが可能となります。当社では、今後も「IoTスマートホーム」の販売を通じて、いち早く最新技術を取り入れ、お客様に安全で快適な未来型住宅の提供を行って参ります。

 今夏より販売を開始する「ニーズヴィラSMARTHOME」は予め業務協力しているIoTメーカーの最新機器が設置されております。月額使用料が掛かるサービスについては、当初1年間当社が負担します。代わりにお客様へは実際にIoT機器を活用いただき満足度や感想などをアンケートさせていただきます。いただいたご意見は今後の商品開発に反映し、さらに安全で快適な戸建住宅へ進化していきます。

最新のIoT機器を1年間「無料」提供【モニター】


実装IoT機器業務協力メーカー各社概要(一例)※平成29年4月現在


プレスリリースPDF
https://prtimes.jp/a/?f=d25682-20170501-5299.pdf

■会社概要
社 名 : 株式会社ニーズコーポレーション       代表取締役  古賀和也
所 在 地 : 福岡市博多区博多駅前3-4-8ダヴィンチ博多シティ3階
事業内容 : 新築分譲マンション受託販売事業・不動産仲介事業・自社戸建て開発事業
特設サイト: http://www.realestate-neez.com/neezvilla-smarthome/
所属団体 : 福岡ベンチャークラブ会員・福岡市IoTコンソーシアム会員
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ニーズコーポレーション >
  3. 福岡市のベンチャー企業が「IoTスマートホーム」の販売を開始