箱根湯本の温泉旅館「ホテルおかだ」で、LINEを活用したスマートチェックインを9月15日からサービス開始

当ホテルでは新型コロナウイルス対策の一環として、大浴場混雑状況可視化などIT活用を推進しています

箱根湯本にある温泉旅館「ホテルおかだ」(本社:神奈川県足柄下郡箱根町湯本、代表取締役社長:岡田 浩一郎)では、LINE社のMessaging APIを活用し、LINE公式アカウントとホテルシステムを連携したスマートチェックインシステムを開発しました。

このスマートチェックインでは、オンライン予約を頂いたお客様が、LINE上でチャットボットと会話をしてご到着前にチェックインのお手続きを事前に非接触で行うことができます。お手続きはご予約内容の確認に加えて、夕食時間の指定やお客様からのリクエストも受け付けます。(スマートチェックインは、公式ホームページからご予約を頂いたお客様が対象)

新型コロナウイルスの感染防止対策の「サーマルカメラ検温」や「体調確認の申告」、「ソーシャルディスタンスを確保した接客」など、従来のチェックインよりも煩雑化する中で、当ホテルではITを活用した「三密」対策の実現と、お客様へのサービスの充実化の両立を目指しています。
■スマートチェックインとは
ホテルおかだの公式ホームページからオンライン予約を頂いた、個人旅行のお客様の一部を対象に、ホテルおかだのLINE公式アカウントのURLを送付し、友だちになって頂くことでご利用いただくことができます。
スマートチェックインはご宿泊前日から当日チェックイン開始時間まで利用することができ、通常フロントカウンターで行うお手続きを事前に完了させることができます。

<スマートチェックインで出来ること>
  • ご予約頂いた、お部屋タイプ、夕食、朝食、チェックアウト時間のご案内
  • 夕食時間の事前リクエストの受付
  • その他ご宿泊に関するリクエストの受付

 


※今後は公式ホームページ以外のオンライン予約にも対応予定です
 

 

■インフォメーションブックや大浴場の混雑状況など、館内情報もオンライン化してより便利に

これまで紙で客室に用意してあった館内情報(インフォメーションブック)も、LINE公式アカウントのメニューからオンラインで参照できるようになります。

館内情報は、通常チェックイン時にフロントで説明される内容の他に、施設情報、ドリンクメニュー等があり、さらに大浴場の混雑状況をお客様のスマートフォンからリアルタイムで確認することができます。
 

※大浴場の混雑ステータスは、以下の4段階で表示されます。​

  • 空いている
  • やや混んでいる
  • 混んでいる
  • 非常に混んでいる

 


■ITを活用して生産性向上と顧客満足度の両立を目指す
ホテルおかだでは、新型コロナウイルスの感染防止対策として、ITを活用した「大浴場の混雑状況可視化」や、「インフォメーションブックのオンライン化」、「サーマルカメラ検温」を進めてまいりました。

この度導入する、LINEのチャットボットを活用したスマートチェックインで、「三密対策」を行いながら、生産性を向上させると共に、オンラインサービスと対人サービスを両立させて、さらなる顧客満足度向上を目指しています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ホテルおかだ >
  3. 箱根湯本の温泉旅館「ホテルおかだ」で、LINEを活用したスマートチェックインを9月15日からサービス開始