MarkLogicが2017年版ガートナーマジック・クアドラント「オペレーショナルデータベースマネージメントシステム」においてチャレンジャーに位置付けられる

実行能力ならびにビジョンの完全性に関してチャレンジャー・クアドラントの最上位に

オペレーショナルかつトランザクショナルなエンタープライズNoSQLデータベースのトッププロバイダーであるMarkLogic Corporation(http://jp.marklogic.com/)は、本日、ガートナーの2017年版「オペレーショナルデータベースマネージメントシステム・マジック・クアドラント」において、MarkLogicがビジョンの完全性ならびに実行能力が最も高いものとしてチャレンジャー・クアドラントに位置付けられたことを発表しました。

サイロ化されたデータの統合に世界で最も適したマルチモデルデータベースであるMarkLogicは、2年連続でチャレンジャーに位置付けられました。これで世界中の大企業や政府機関が、ミッションクリティカルなアプリケーションならびにマルチモデルデータベースシステムの構築と安全確保にMarkLogicを採用しているということが、ガートナーによっても確認されたと考えられます。

MarkLogicのCEOのゲイリー・ブルームは、「今回のガートナーレポートにおける私たちの位置付けは、分断データの統合に関して世界一のデータベースを提供するという私たちのビジョンが実現されていることを表していると思います」「現在進行形のこのトレンドは、今回の最新版ガートナーレポートでも確認できると私たちは考えています。次世代のデータベースプラットフォームであるMarkLogic上でのミッションクリティカルなビジネスアプリケーションの構築に関して大企業が多大な成功を収めていること、またクラウドニュートラルな私たちのアプローチが成功していることが示されていると思います」と述べています。

Gartner Peer Insights(https://www.gartner.com/reviews/review/view/318274?pid=5566)のレビューでは「これは対応性に優れ、管理も楽です。またフリーフォームのデータを素早く簡単に扱えます。私たちのアプリケーションには、フィードバックならびにレーティングのシステムがありますが、これは従来のリレーショナルデータベースには簡単にフィットしません。MarkLogicでは、収集、格納、検索、使用がシンプルかつ楽になります。また製品を支える強力なユーザーコミュニティもあります」となっています。あらゆる業界のグローバル企業ならびに政府機関において、MarkLogicは数十年にわたるリレーショナルデータベースモデルに代わる次世代の選択肢として、信頼され活用されています。

2017年5月、MarkLogicはシグネチャNoSQLデータベースプラットフォームである、MarkLogic 9をリリースしました。MarkLogic 9では安全かつ容易に情報の共有ができ、要素レベルのセキュリティ、リダクション、高度な暗号化といった高度なセキュリティが提供されています。またMarkLogic 9では、データ統合をより速くより容易にするために、エンティティサービスならびにMarkLogicのオープンソース「データハブフレームワーク(http://www.marklogic.com/press-releases/marklogic-releases-new-data-hub-framework/)」の最新版を提供しています。これによりミッションクリティカルなデータ統合プロジェクトにおいて、実稼働開始をより速くより少ないコストやリスクで実現します。

データの360度ビューに基づく競争優位性を得るため、またミッションクリティカルなオペレーショナルかつトランザクショナルなビジネスアプリケーションを構築・促進するため、世界中の1000以上の企業や政府機関がMarkLogicデータベースを採用しています。

2017年版ガートナー「オペレーショナルデータベースマネージメントシステム・マジック・クアドラント」はhttp://info.marklogic.com/gartner-odbms.htmlから無料でご覧いただけます。またMarkLogicのインサイトについてはhttp://jp.marklogic.com/blog/understanding-marklogics-role-as-a-challenger-in-gartners-2017-odbms-magic-quadrant/(日本語)をご覧ください。

マジック・クアドラントについて
ガートナーは、調査報告書に記載された特定のベンダー、製品、サービスを推奨するものありません。また、最高評価やその他の選定を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナーの調査報告書は、ガートナーの調査機関の見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーはこの調査に関して、商品性や特定目的への適合性についての保証を含め、明示または黙示を問わず、一切の保証を行うものではありません。
*Gartner Peer Insightsレビューは、個々のエンドユーザーの体験に基づき、彼らの主観的な意見をまとめたものであり、ガートナーまたはその関係企業の意見を代表するものではありません。

MarkLogicについて
10年以上にわたって、世界中の組織が革新的なインフォメーションアプリケーションにMarkLogicを使用しています。分断データ統合の世界的なエキスパートであるMarkLogicのオペレーショナルかつトランザクショナルエンタープライズNoSQLデータベースプラットフォームを使って、データを統合し全体像(「360」)を把握する次世代アプリケーションが構築されています。シリコンバレーに本社があり、それ以外に米国、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアに事業所があります。日本では東京渋谷にマークロジック株式会社を設立しています。詳しくは、jp.marklogic.comをご覧ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MarkLogic Corporation >
  3. MarkLogicが2017年版ガートナーマジック・クアドラント「オペレーショナルデータベースマネージメントシステム」においてチャレンジャーに位置付けられる