CANDY LINE、SORACOM SIMカードとRaspberry Pi向け3G/LTE通信ボードCANDY Pi Liteのセット販売を9月に開始

デバイスからクラウドに加え通信回線まで、IoTのための一貫したサービスを提供へ

株式会社 CANDY LINE(日本語表記:キャンディライン、本社:東京都千代田区、代表取締役:馬場 大輔、以下CANDY LINE)は、本日発売となる「Raspberry Pi」(ラズベリーパイ)向け3G/LTE通信ボード「CANDY Pi Lite」(キャンディパイライト)に、株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:玉川 憲、以下 ソラコム)が提供する「SORACOM Air for セルラー」 SIMカードをセットにした商品を9月より販売開始するとともに、CANDY LINEはソラコムのパートナープログラム「SORACOMパートナースペース認定済デバイスパートナー」に認定されたことを発表いたします。また、本日よりIoTクラウドサービス「CANDY EGG」(キャンディエッグ)限定ベータ版の受付と利用開始を行います。

CANDY Pi Lite SIMカードセットの利用イメージCANDY Pi Lite SIMカードセットの利用イメージ


これにより、CANDY LINEはハードウェアからクラウドまでの環境とともに、SIMカードを利用した通信回線も含め、IoTを実現するための一貫したモノと手段を同時に提供でき、利用者の方々のすぐに、簡単にIoTを行いたいという要求に応えられる環境を提供できるようになります。

CANDY LINEの製品やサービスは、IoTを手軽に、色々なものをつなぐことができることに加え、楽しく実現できる環境をこれからも提供いたします。

【エンドースメント】
なお、本発表にあたり、ソラコム様よりエンドースメントを頂戴しております。


この度のCANDY LINE様のRaspberry Pi向け3G/LTE通信ボード「CANDY Pi Lite」を心より歓迎します。
ソラコムの提供するデータ通信SIMカード「SORACOM Air for セルラー」は、IoTに最適化された料金体系でリーズナブルにご利用いただけ、お客様はウェブブラウザから回線の開始、休止など一括操作・管理も可能です。
お客様は、「CANDY Pi Lite」に「SORACOM」のSIMカードを用いることで、Raspberry Piを利用したIoT装置開発において、セルラー回線を用いてインターネット上のサーバーやクラウドへのデータ送信を簡単に実現することができます。
「CANDY Pi Lite」と「SORACOM」の組み合わせが、お客様のIoT実践のハードルを下げ、IoTビジヘス活用を大きく拡げてくれるものと期待しています。

株式会社ソラコム
代表取締役社長
玉川 憲


【新商品の内容と背景】
新商品「CANDY Pi Lite SIMカードセット」は、「CANDY Pi Lite」に、ソラコムの提供する「SORACOM Air for セルラー」SIMカードを同梱したセット商品です。「SORACOM Air for セルラー」SIMカードは、日本国内のLTE通信と3G通信のどちらの通信にも対応しています。

「CANDY Pi Lite」は、Raspberry Piに取り付けて3G/LTE通信を行えるようにする通信ボードですが、標準では単体でSIMカードが付属しておりません。このため、新しく3G/LTE通信を始める方々は、通信ボードとは別にSIMカードを準備する必要がありました。

今回SIMカードとのセットを販売することにより、利用者の方々はより早く手軽に「CANDY Pi Lite」を利用して3G/LTE通信を行えるようになります。
「CANDY Pi Lite」には、LTEモデルと3Gモデルがありますが、どちらのモデルであってもSORACOM Air for セルラー SIMカードを利用可能です。
※Raspberry Pi本体は別売りです。

新商品「CANDY Pi Lite SIMカードセット」は、CANDY LINEオンラインストア(https://www.candy-line.io/)にて取り扱いいたします。今後さらに販売店が増える予定です。
 

CANDY Pi LiteCANDY Pi Lite

CANDY Pi Lite USB拡張ボードCANDY Pi Lite USB拡張ボード



【CANDY Pi Lite販売店について】
「CANDY Pi Lite」単体商品の販売につきましては、CANDY LINEオンラインストアのほか、下記店舗及び通販サイトでも行われます。
  - 「千石電商秋葉原本店1F」(https://www.sengoku.co.jp/shop_01.html)
  - 「千石電商大阪日本橋店」(https://www.sengoku.co.jp/shop_osaka.html)
  - 「せんごくネット通販」(https://www.sengoku.co.jp/)
  - 「シリコンハウス」(http://silicon.kyohritsu.com/)
  - 「デジット」(http://digit.kyohritsu.com/)
  - 「共立エレショップ」(http://eleshop.jp/shop/)
  - 「マルツオンライン」(http://www.marutsu.co.jp/)または全国のマルツ各店舗にてもご注文いただけます

  - 「Raspberry Pi Shop by KSY」 (https://raspberry-pi.ksyic.com)
今後さらに販売店が増える予定です。

【CANDY EGGについて】
「CANDY EGG」は、オープンソースのビジュアルツール「Node-RED」(ノードレッド)をベースとしたフローエディターと、オープンソースのデータベース「My SQL」(マイエスキューエル)、それにデータベースのバックアップの機能をセットにしたIoTクラウドサービスです。利用者は事前の設定や準備をする必要なく、最初にログインした時からすぐに、フローエディター、データベース、それにバックアップ機能を利用できます。
「CANDY EGG」限定ベータ版のお申し込みはCANDY LINEのWebサイト(https://www.candy-line.io/)から行うことができます。なお、限定ベータ版であるため、お申し込みが一定数を超えますと、お申し込みをお断りもしくは停止する場合があります。

また、お申し込みいただける方を学校や企業等法人向けに限定していますが、今後一般公開をする際には個人の方も含めてご利用いただけるようになる予定です。
 

 

CANDY EGGログインCANDY EGGログイン

 

 

CANDY EGGエディターCANDY EGGエディター


※SORACOMおよびSORACOM Airは、株式会社ソラコムの登録商標または商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 CANDY LINE >
  3. CANDY LINE、SORACOM SIMカードとRaspberry Pi向け3G/LTE通信ボードCANDY Pi Liteのセット販売を9月に開始