BEYOND AWARD 2017 作品受付がスタート パラスポーツを応援したくなる音楽・映像を大募集

〜KenKenさん、別所哲也さんなど旗振り役・審査員からの熱いメッセージも〜

 東京都は、パラスポーツを応援したくなる音楽や映像を公募する「BEYOND AWARD 2017」作品の応募受付を、9月6日(水)14時より開始しました。また、受付開始に合わせて、作品の応募を呼びかける「BEYOND AWARD 2017」CMをTEAM BEYOND公式ウェブサイトにて公開。旗振り役の、KenKenさん、別所哲也さんはじめ審査員の方々から届いた熱いメッセージも順次ウェブサイトにて公開してまいります。









 「BEYOND AWARD 2017」は、音楽・映像作品を多くの方々から募集し、パラスポーツへの興味・関心を深めていただく取り組みです。募集するのは“パラスポーツを応援したくなる音楽”をテーマとした音楽部門と“パラスポーツを応援したくなる映像”をテーマとした映像部門。9月6日(水)〜9月30日(土)の期間で作品受付を行い、11月11日(土)に結果発表及び授賞式が行われます。
 音楽部門の最終審査候補作品は「渋谷音楽祭」のステージにて披露を予定しており、同様に映像部門の最終審査候補作品は、SHIBUYA Street Cinema 2200 by Short Shortsのビジョン(ソニービジョン渋谷)での上映を予定しています。尚、受賞作品は、TEAM BEYONDの公式ウェブサイトやイベントで活用していく予定です。
 










自分の中の熱い思いを思いっきり曲にぶつけてください。
君も音楽の力でパラスポーツを応援しよう!!
by KenKen












パラスポーツの感動を分かち合いたい!
あなたの動画が誰かのココロを動かす魔法になります!
by 別所哲也


旗振り役・審査員からの熱いメッセージも
 作品の受付スタートに合わせて、旗振り役・審査員の方々から届いた熱いメッセージをウェブサイトで公開します。音楽部門の旗振り役 KenKenさんは、「音楽が誰かのヴァイタリティになるって素晴らしいこと! 自分の中の熱い思いを思いっきり曲にぶつけてください。君も音楽の力でパラスポーツを応援しよう!!」とコメント。
また、動画部門の旗振り役 別所哲也さんは、「人間はモノガタル動物!ショートフィルムの映画祭を主宰し、シネマのチカラを更に確信しています。パラスポーツの感動を分かち合いたい!あなたの動画が誰かのココロを動かす魔法になります!大切なのは情熱です。ぜひご参加を!」と作品の投稿を呼びかけました。


【BEYOND AWARD 2017 とは】
パラスポーツの応援プロジェクト「TEAM BEYOND」の一環として、皆様に身近な音楽・映像の分野でパラスポーツを応援したくなる作品を募集し、パラスポーツへの興味・関心を深めていただく取り組みです。
音楽・映像を学ぶ学生の作品はもちろん、小さなお子様やご家族で作った作品など、幅広く応募を受け付けます。
また、応募作品の公開や、最終審査候補作品へのウェブ投票も受け付け、より多くの方が参加できる取り組みとしています。

【TEAM BEYONDとは】


パラスポーツを応援する人を増やす東京都のプロジェクト。
アスリートだけでなく、スポーツをする人も、観る人も、支える人も、あらゆるメンバーが一つのチームとなってパラスポーツを盛り上げていきます。


【音楽部門】 × 渋谷音楽祭
応募テーマ「パラスポーツを応援したくなる音楽」
音楽を聞いた人にパラスポーツの魅力を十分に伝え、応援したい気持ちにさせるもの。


<テーマ概要>
パラスポーツを応援したくなる音楽を募集。観客席のサポーターが肩を組んで歌い上げる応援歌、試合に臨む直前に気持ちと集中力を高められるようなリズムやサウンド、競技の緩急に合わせミックスしたダンスナンバーなど、ジャンルは問いません。最終審査候補作品は、「渋谷音楽祭」のステージにて発表する機会があります。また、TEAM BEYOND公式ウェブサイトや東京都主催イベント等で活用予定です。

<旗振り役>
KenKen(ミュージシャン)
<審査員>
神田竜也(J−WAVE編成局長)、鈴木徹(パラリンピアン)、田口亜希(パラリンピアン)、野宮真貴(ミュージシャン)、松下功(東京藝術大学副学長)※50音順にて記載
※株式会社J-WAVEは、パラスポーツを応援する人を増やす東京都のプロジェクト「TEAM BEYOND」の活動に共感し、BEYOND AWARD2017「音楽部門」を応援します。
 

<渋谷音楽祭>とは
「こんにちは。ありがとう。ごめんなさい。」この言葉を心から伝えることから繋がっていく人と人との輪、そして創造される未来。コミュニケーションを育み、世代や国境を越えて、みんなが笑顔で集える世の中になることへのきっかけにと願い、渋谷のまちから「音楽」を通して、そのメッセージを発信するプロジェクト。


【映像部門】 × SHIBUYA Street Cinema 2200 by Short Shorts
応募テーマ「パラスポーツを応援したくなる映像」
映像を観た人にパラスポーツの魅力を十分に伝え、応援したい気持ちにさせるもの。


<テーマ概要>
パラスポーツを応援したくなる映像作品を募集。親子でパラスポーツを楽しんだり応援する様子を編集した手作り感のある映像、インターネットで人気の動画のようにパラスポーツの体験や実況などを行う映像、テレビCMのように短い時間でアスリートの魅力を切り取った映像など、ジャンルは問いません。最終審査候補作品は、渋谷街頭ビジョン(SHIBUYA Street Cinema 2200 by ShortShorts)にて作品を発表する機会があります。
また、TEAM BEYONDの公式ウェブサイト等で活用予定です。

<旗振り役>
別所哲也(俳優)
<審査員>
鈴木徹(パラリンピアン)、田口亜希(パラリンピアン)、寺井弘典(多摩美術大学特任教授)、中島信也(CMディレクター)、樋口真嗣(映画監督)※50音順にて記載

< SHIBUYA Street Cinema 2200 by Short Shorts >とは
渋谷で9基の大型街頭ビジョンを展開する㈱シブヤテレビジョンとのコラボレーションにより、毎日22時、渋谷・公園通り入口の大型街頭ビジョン「ソニービジョン渋谷」にて世界のショートフィルムを上映するプロジェクト。


■旗振り役
KenKenさん(ミュージシャン)

音楽が誰かのヴァイタリティになるって素晴らしいこと!
自分の中の熱い思いを思いっきり曲にぶつけてください。君も音楽の力でパラスポーツを応援しよう!!

別所 哲也さん(俳優・「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」代表)
人間はモノガタル動物!ショートフィルムの映画祭を主宰し、シネマのチカラを更に確信しています。
パラスポーツの感動を分かち合いたい!あなたの動画が誰かのココロを動かす魔法になります!
大切なのは情熱です。ぜひご参加を!

■審査員
神田 竜也さん(J-WAVE編成局長)

自分が熱くなれたり、楽しんだりできる音楽が、他の人も楽しませ、応援できる音楽かもしれません。
音楽は人に勇気や元気を与えます。そして多くの人が参加してくれる事が力になります。
みなさんの応募、お待ちしてます♪

中島 信也さん(CMディレクター)
僕、運動会が大嫌いやったんです。だって絶対べった(ビリ)やもん。
でも自分以外の走りはかっちょよかったなあ!そうやねん。応援は楽しいねん!
そんな僕に是非、パラスポーツを応援する楽しさを伝えてください!待ってます!

鈴木 徹さん(パラ陸上競技(走高跳))
皆さん、こんにちは、パラ陸上の鈴木です。2020年の東京大会に向けて関心は高まっていますが、
パラスポーツに関してはまだまだ知られていないのが現状です。ぜひ皆さんの作品を通じて、
1人でも多くの方々にパラスポーツを知って頂きたいので、たくさんの応募をお待ちしています!!

田口 亜希さん(パラ射撃)
選手にとって応援が力になります。感じ方、捉え方は様々ですので、それぞれに思うパラスポーツへの
応援を音楽・映像で表現いただけると嬉しいです!みんなの応援メッセージお待ちしております!

※その他の審査員からのメッセージは、届き次第、「TEAM BEYOND」ウェブサイトで発表いたします。

参考:審査員一覧(敬称略・各区分において五十音順)

※その他、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会・東京都職員が加わる予定


【BEYOND AWARD 2017  開催概要】

■応募資格:年齢・職業・国籍不問。個人のほかグループでの応募も可能。
■部門:音楽部門、映像部門
■募集期間:2017年8月10日(木)〜9月30日(土)
■受付期間:2017年9月6日(水)14:00~ 9月30日(土)23:59
■審査結果発表・授賞式: 2017年11月11日(土)
■審査方法:
1、応募条件や制作条件に違反していないか等を審査し通過した作品をTEAM BEYOND公式ウェブサイト上に公開
2、BEYOND AWARD 2017審査会にて二次審査を実施し最終審査候補作品を決定
3、TEAM BEYOND公式ウェブサイトにて最終審査候補作品の発表とウェブ投票を実施
4、BEYOND AWARD 2017審査会にてウェブ投票の結果も加味して受賞作品を決定
■賞の種類(各部門):最優秀賞1。優秀賞1。オーディエンス賞2。ファミリー賞1。入賞10。
※このほか、東京都知事賞を予定しています。
※賞及び受賞者数は増減する可能性があります。
※親子でパラスポーツを観戦したり、プレーする様子を扱ったり、あるいは子どもが主体となって作曲や歌唱、撮影や演出をするなどして表現した作品等については、ファミリー賞にも応募が可能です。

◼受賞作品の活用について:
TEAM BEYONDの公式ウェブサイト、出張ブースや東京都主催イベント等で使用予定です。
また、パラスポーツの競技団体が、各団体の活動において使用する可能性があります。


詳細については、こちらをご確認ください。
【TEAM BEYOND公式ウェブサイト】
https://www.para-sports.tokyo/

【BEYOND AWARD 2017 特設ページ】
https://www.para-sports.tokyo/events/2017_beyond_award.php

【BEYOND AWARD 2017 CM】
https://www.para-sports.tokyo/topics/activity/award2017_tvcm/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京都 >
  3. BEYOND AWARD 2017 作品受付がスタート パラスポーツを応援したくなる音楽・映像を大募集