マンゴーに続く宮崎フルーツ、国産ライチのクラフトビール販売開始

1本1,000円で100本のみの限定販売。生産者の収益増に貢献

一般財団法人こゆ地域づくり推進機構 *1(宮崎県児湯郡新富町 *2 略称:こゆ財団/代表理事:齋藤潤一)は、新富町産の貴重な国産ライチを使ったクラフトビール「楊貴妃ライチビール」を開発。10月11日より販売を開始しました。


■マンゴーに続く宮崎フルーツの代表格
国内に流通しているライチのうち、99%が海外産の冷凍品で国産はわずか1%しかありません。その限られた生産地である宮崎県新富町で収穫したライチは、みずみずしく透き通った大粒の果肉と、あふれでる果汁が特徴。東京の高級フルーツカフェや割烹店などでも食材として採用されるなど、マンゴーに続く宮崎フルーツの代表格として注目されています。

こゆ財団は、この貴重なライチを「楊貴妃ライチ *3」としてブランディングし、2017年の収穫期は東京などで販路を開拓してきました。その結果、稀少性や高い品質が大きな反響を産んだことから、収穫期間が限定される青果だけでなく、年間を通して販売できる加工品を開発し、生産者の収益増につなげることを計画。国産ライチを使った加工品の開発を進めてきました。「楊貴妃ライチビール」はその第一弾となる商品です。

■フルーティーで爽やかな味わい
こゆ財団は新富町のライチ生産者と協力し、2017年5月~7月にかけて貴重な国産ライチを収穫。様々な農産物を生かしたクラフトビールを醸造し、栃木マイクロブルワリー(栃木県)でライチの果汁を使用し、オリジナルクラフトビールを開発しました。ライチの風味が生かされたテイストで、ビールの苦みが苦手な方でもカクテルに近い感覚で楽しめる、フルーティーで爽やかな味わいに仕上げています。

販売価格は1本1,000円(330ml/税込)。新富町にある創業明治25年の酒店「伊藤酒屋」で100本のみの限定販売となります(売り切れ次第終了)。

なお、今後は「楊貴妃ライチ」シリーズとして、その他の加工品も順次発表していく予定です。
 



<商品概要>
名称 : 楊貴妃ライチビール(熟成生発泡酒 無ろ過)
内容量 : 330ml(1本)
原材料 : 麦芽・果汁・糖類・ホップ・ハーブ
アルコール度 : 5%(麦芽使用率25%以上50%未満)
賞味期限 : 仕込日から6ヶ月
保存方法 : 要冷蔵
販売数  : 100本
販売価格 : 1,000円(税込)

■製造者
製造者 : 栃木マイクロブルワリー 横須賀貞夫
所在地 : 栃木県宇都宮市東塙田1-5-12

■販売者
伊藤酒屋
住所 : 宮崎県児湯郡新富町富田南1丁目52-2)
営業時間 9:00~19:00
電話 : 0983-33-0059
http://ito-sake.com/

■販売期間
2017年10月11日(水)~ ※売り切れ次第終了


*1 一般財団法人こゆ地域づくり推進機構
「強い地域経済をつくる」ことを使命として、新富町が旧観光協会を法人化して平成29年4月に設立した地域商社。特産品の開発・販売と起業家育成を事業の柱として、持続可能な地域づくりを展開する。
http://koyu.miyazaki.jp/

*2 宮崎県児湯郡新富町(こゆぐんしんとみちょう)
新富町は、宮崎県の中部に位置する町。宮崎平野を代表する野菜と果物の産地の一つ。人口約17,000人。
http://www.town.shintomi.lg.jp/

*3 楊貴妃ライチ
希少な国産ライチの生産地・宮崎県新富町のブランド。みずみずしい果肉とあふれる果汁が特徴。
http://koyu.miyazaki.jp/?page_id=561
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般財団法人 こゆ地域づくり推進機構 >
  3. マンゴーに続く宮崎フルーツ、国産ライチのクラフトビール販売開始