アジアのカリスマアーティスト、Nameweeが来日。東京都内各所にて日本をテーマにした新曲のPV撮影。

アジアで絶大な影響力を持つ “鬼才” Nameweeの新曲は、日本をテーマにした盆踊り。アジア国際映画祭2017、新人女優賞の二宮芽生が共演。創作日本舞踊家の孝藤右近が振り付けを行う。

Cポップ史上最多のミリオンビューヒット曲を持つ人気アーティスト、Namewee(中国語名 : 黃明志)が来日。アジア国際映画祭2017で新人女優賞を受賞した二宮芽生を共演者として起用、創作日本舞踊家として世界的に活躍する孝藤右近に振り付けを依頼して、日本の和製英語と盆踊りをテーマにした新曲のPV撮影を行った。Namewee(所属 : RED People、CEO : Kokee Lau)の日本国内でのマネジメントを担当する、株式会社Cool Japan TV(本社 : 東京都渋谷区、代表取締役 : 赤峰俊治)は、Nameweeの意向を受け、本作を盆踊り大会などのイベントで使用希望する団体への音源データの無償提供を予定。又、YouTube上で「踊ってみた」キャンペーンを開催して、優秀作品への景品プレゼントなどを予定している。

11月6日~10日、アジアでカリスマ的な人気を誇る人気アーティスト、Namewee(黄明志)が来日。これまで数々の話題の音楽作品、映画作品をプロデュースしてきており、過去、日本国内において開催された映画祭に招待されての来日は何度かあるが、今回、日本における初の作品制作となる、日本をテーマにした新曲のPV撮影を行った。

11月後半にリリースが予定されている新曲は、「Japanglish」と呼ばれる日本独特の和製英語をテーマにした曲で、Nameweeは「今回の作品は、世界各国の文化の違いと面白さ、その国々が持つ固有の文化の魅力や素晴らしさを、愛と敬意とユーモアを持って表現することに挑戦した作品。仕上がりにはとても満足しています」と語っている。


今回の作品制作にあたり、Nameweeは今春より複数の候補者の中からオーディションを実施して、今月3日、台湾台北市にて開催された「アジア国際映画祭2017」において新人女優賞を受賞した二宮芽生を抜擢。初の音楽作品となる二宮芽生とデュエットを行い、女子高生役、花魁役に扮する二宮芽生と共に東京都内各所にてPV撮影を行った。

毎年3万人を動員する世界最大の「盆踊り大会」が開催されるマレーシア出身のNameweeは、日本の盆踊りの文化に深い関心を寄せており、本作の振り付けを創作日本舞踊家として世界的に活躍する孝藤右近に依頼。孝藤右近は「Nameweeとのコラボレーションはとても刺激的な体験でした。盆踊りの輪とは、日本の和の精神を表現したもの。今回の作品で世界中の人が手をつなぎ、輪になって、踊ってくれたら嬉しい」と語っている。

Nameweeは、本作をリリース後、11月25日より台湾台北市を皮切りにワールドツアーを開催。二宮芽生のゲスト出演も予定されており、アジア各国のコンサート会場で新曲を披露する。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Cool Japan TV >
  3. アジアのカリスマアーティスト、Nameweeが来日。東京都内各所にて日本をテーマにした新曲のPV撮影。