InsurTechスタートアップのjustInCase、新たに青柳直樹氏が投資家として参画

スマホ保険先行サービスを2018年2月7日より開始

最新のテクノロジーを活用し新しい保険サービスを追求する株式会社justInCase(本社:東京都港区、代表取締役:畑 加寿也)は、既存投資家である500 Startups Japanと、個人投資家の青柳直樹氏を引き受け先とした資金調達を実施いたしましたのでお知らせいたします。これにより昨年からの累計調達額は4500万円となりました。


<新たな投資家>
今回新たに株主として迎え入れた青柳直樹氏は、グリーでCFOを務め、同社のマザーズ上場、東証1部への市場変更などを担当されました。また、現在はメルカリの金融事業子会社のメルペイの代表取締役を務めています。
この度、justInCaseの目指す保険の未来に共感いただき、個人投資家として参画いただくことになりました。

<第一弾商品スマホ保険の先行サービス開始>
株式会社justInCaseは、少額短期保険業者としての登録の準備中ですが、2月7日より事前登録者への招待制により第一弾スマホ保険の先行サービス開始をします。スマホ保険はスマホの修理費用を負担する保険です。

先行サービスは、保険業法の適用除外規定(業法第2条)を適用し、日本初のP2P保険(※)の仕組みを組み入れます。AIアルゴリズムが各ユーザーの保険料を最適化する保険をスマホアプリで提供します。保険をアプリで提供することで、これまでにない保険体験をユーザーに提供し、保険がより身近になる未来を目ざし
ます。
(※)家族や友人等と、Peer to Peerで保険に加入する仕組み。海外では、Friendsurance(www.friendsurance.com/)やLemonade(www.lemonade.com/)などの先行事例があります。

なお、正式に少額短期保険業の登録が完了した際には、保険業法適用の保険会社となり、その際の正式サービスの商品性は先行サービスとは異なる可能性があります。その場合、お客様が希望すれば正式サービスに移行頂くことは可能ですが、先行サービスは存続せず、保険料等の条件が異なるものとなる可能性があります。
                                                         

 

 

 

友達と一緒に保険に加入友達と一緒に保険に加入

AIが安全スコアを計算AIが安全スコアを計算

 

 

 







 

 














【株式会社justInCaseについて】
会社名 : 株式会社justInCase(https://justincase.jp/
代表者 : 代表取締役 畑 加寿也
設立 : 2016年
所在地 : 東京都港区芝浦1-8-3-808
事業内容 : 少額短期保険業の準備
採用情報:https://www.wantedly.com/companies/justincase
本件に関する問い合わせ先: info@justincase.jp

【500 Startups Japanについて】
500 Startups Japan(https://500startups.jp/
所在地:東京都千代田区大手町1丁目9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ3F Global Business Hub Tokyo
代表:James Riney

【青柳 直樹氏 プロフィール】
元グリー株式会社取締役常務。ドイツ証券会社を経て、グリーに入社。CFOとして資金調達、株式上場を主導するとともに、事業開発責任者としてゲームプラットフォームの立上げに従事。2011年よりGREE International CEOとして海外事業の拡大に尽力。事業統括本部長を経て、2016年9月にグリー取締役を退任。現在は、事業経験を活用してベンチャー企業への投資・支援を手掛ける。2017年11月より、株式会社メルペイ(メルカリの100%子会社)の代表取締役。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社justInCase >
  3. InsurTechスタートアップのjustInCase、新たに青柳直樹氏が投資家として参画