グラフィックアーティストの新たなPR手段として『ポートレートムービー』の制作を始めます

伝えるのは「クリエイティブを生み出すもの」のストーリー

グラフィックアーティストのコーディネイトエージェンシー『BUILDING』が運営するメディア『CAT'S FOREHEAD(キャッツフォーヘッド)』が、作家自身と作品をPRするためのムービー制作を開始しました。フリーランスのグラフィックアーティストの活動を支援する意味合いも込め、制作費を「都内のギャラリーで個展を一週間開催する程度」に設定することでPRムービーをプロモーション戦略の選択肢に加えます。

 

 
  • グラフィックアーティストの新たなPR手段としてムービーを

イラストレーターを中心としたグラフィックアーティストのコーディネートエージェンシーBUILDINGは、2012年から所属アーティストのプロモーションの一環としてPRムービーの制作に取り組んでおります。


その効果としては

・YouTubeに投稿することで幅広いユーザーに閲覧される
・発注者が作家の制作手法への理解を深めることで制作進行がスムーズになる
・作家のライフスタイルやキャラクターを事前に理解することでコミュニケーションが円滑に進む
など、認知の拡大や業務の効率化、新たなキャリアの獲得などのメリットが得られています。

地方都市や海外在住の作家が遠隔地に住んでいるライフスタイルをアピールすることで、そうした状況をテーマにした新たな仕事を得られるなど、予想をしていなかったチャンスも生まれています。
 

原画を展示して販売するためには個展が適していますが、作家の考えや作品制作のプロセスをユーザーに伝える手段としては動画コンテンツが非常に優れており、ギャラリーの会期や場所にとらわれることなく世界中のユーザーにアピールし続けられることも、PR手段として費用対効果が高いと私たちは考えています。

BUILDINGが運営するメディア『CAT'S FOREHEAD(キャッツフォーヘッド)』は、2010年の開始当初から「日本のユニークなグラフィックカルチャーを世界に発信する」ことをスローガンに掲げて活動をして来ました。

CAT'S FOREHEADは2020年より、私たちが長年にわたって蓄積したクリエイターのプロモーションのノウハウを活かして、日本全国のフリーランスのグラフィックアーティストを対象にフルオーダーメイドによるポートレート・ムービーの制作を始めます。
※マネジメントエージェンシーに所属している作家は対象外とします

ポートレートムービー特設WEBサイト
https://portrait-movie.com/

 


 

 

  • 伝えるのは「クリエイティブを生み出す」ストーリー

クライアントの意向を汲んでオリジナルの作品を制作し続けるクリエイターにとって重要なのは、「1年に数点誕生する素晴らしい作品」ではなく「要求を満たした作品をコンスタントにアウトプットできること」をアピールすることです。
そのためには「作家が生み出す作品は、過去の膨大なインプットと試行錯誤のアーカイヴのほんの一部を表出させたもの」であることをユーザーに理解していただく必要があるとBUILDINGは考えて来ました。

また、その作家が「安心して仕事を依頼できるビジネスパートナーだ」という信頼感を持てることも発注者にとっては重要なファクターであり、取引前にPRムービーをYouTubeですぐに確認できることも大きなメリットです。

これまでに制作したポートレートムービーでは
・作品の「制作手法」
・作品に込めている「想い」
・ワークショップなどの「活動」
・東京から離れた土地での暮らしなどの「ライフスタイル」
などをテーマにシナリオライティングをしています。
制作事例は特設サイトをご覧ください。
https://portrait-movie.com/contents
 


ただ作品を見せるだけではなく、アーティストそのものの価値を伝えるPRムービー。
私たちはこうしたPRムービーを『ポートレートムービー』と呼んでいます。
 

 

  • 最新作品はリスボンで撮影

昨年末に公開したポートレートムービーは、リスボンで活動するイラストレーターのLeni Kauffman(レニ・カウフマン)さん。
ロンドンからリスボンに拠点を移したばかりのレニさんは、作品の中に必ず「ダイバーシティ」を盛り込むことにしています。その理由を、彼女の生い立ちとライフワークの「旅」のエピソードを交えながら、美しいリスボンの風景と共に語ります。
 

 

 

  • CAT'S FOREHEAD(キャッツフォーヘッド)

BUILDINGは2010~2015年の間に、日本の個性豊かなアーティストにフォーカスして取材をして日英バイリンガルの記事を世界に発信するするオウンドメディア『CAT’S FOREHEAD』(キャッツフォーヘッド)を運営していました。
このメディアは日本のグラフィックカルチャーのユニークさとその価値を認めてもらうことを目的としたプロジェクトでしたが、そのコンテンツが米APPLE社に評価され、WEBサイトが2013年のiPad miniの広告に起用されました。

2015年にテキストベースのWEBメディアとしてはいったん終了しましたが、2019年にクリエイターのキャリアをテーマにしたYouTubeチャンネルと、電子書籍専門出版レーベルとして復活しております。
https://www.cf-media.com/

制作したポートレートムービーは、CAT'S FOREHEADに掲載することが可能です。
※所定の審査あり
 

 

  • 「個展開催と同じくらい」の制作費

グラフィックアーティストが作品をアピールする手段としては個展の開催が一般的ですが、PR効果が期待できる都内のギャラリーで個展を一週間開催すると、トータルで20〜30万円程度のコストが想定されます。
 

PRムービーの制作費を対企業向け価格の半額以下の「都内の実績あるギャラリーで個展を開催する程度」に設定することで、PRムービーをプロモーションの選択肢に加えます。

 

〇制作費は15万円(税別)から
ムービーのストーリーやナレーション原稿を作家自身で制作する場合のミニマムプランです。

CAT'S FOREHEADが作家のこれまでの活動と今後の希望をミーティングでヒアリングし、「自身の強みをムービーでどう伝えていくか?」を、じっくりと相談しながら内容を検討する「カウンセリングセッション」を10万円(税別)のオプションとして用意しております。
これまで制作したほとんどのポートレートムービーは、このカウンセリングセッションを経て制作されました。
また、イベントなどを別日で撮影する場合や、英訳などのオプションも用意しております。

 

〇 出張撮影経費
首都圏以外で撮影をする場合は、別途出張撮影経費が必要となりますが、同一地域で2件以上の撮影が可能な場合にはこの出張撮影経費を無料とします。
詳しくはWEBサイトのコンタクトフォームからお問い合わせください。
 


 

  • 個人経営の店舗や飲食店のPRムービーも制作致します

上記価格はグラフィックアーティストの活動を支援する意味合いも込めた個人クリエイター向けの特別価格ですが、内容によっては個人が営む店舗や飲食店に関しては同価格にて制作致します。
 


<参考>中目黒にあるガラスと陶器のギャラリー兼ショップ『Little TAO』のPRムービー

※企業様の動画制作は別途お見積もり致します


■ 会社概要
商号: 有限会社ビルディング
代表者: 代表取締役 森 健司
所在地 : 〒153-0041 東京都目黒区駒場1−28−1 田村ビル301
設立: 2004年1月
事業内容:グラフィックアーティストのコーディネート及び広告制作
資本金 : 9,000千円
URL :http://www.bldg-jp.com/

■ ポートレートムービーの制作サービス特設WEBサイト
URL :https://portrait-movie.com/

■CAT'S FOREHEAD(キャッツフォーヘッド)
電子書籍専門出版レーベルと「クリエイターのキャリア」をテーマにした動画コンテンツ
URL :https://www.cf-media.com/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 有限会社ビルディング >
  3. グラフィックアーティストの新たなPR手段として『ポートレートムービー』の制作を始めます