サンテックパワージャパン小規模産業向けパワーコンディショナのラインナップを拡大

サンテックパワージャパン株式会社(本社:東京都新宿区、取締役社長 ガオ ジャン、以降サンテックパワージャパンと表記)は2月16日(金)、設備容量50kW未満の太陽光発電設備向けの小規模産業用(低圧用)パワーコンディショナ2製品と、交流集電箱2製品の追加を発表いたします。
<追加製品>
1.       SUN2000L-4.125KTL-JP 単相2線式(接続方式単相3線) 4.125kW
2.       SUN2000L-4.95KTL-JP  単相2線式(接続方式単相3線) 4.95kW
3.       単相交流集電箱    ACBox-12/1-JP
4.       スマート交流集電箱  SmartACBox-12/1-JP
 

<追加製品の機能>
SUN2000L-4.125KTL-JPおよびSUN2000L-4.95KTL-JPは、世界的な通信機器メーカーで中国に本社を構えるファーウェイ(華為技術)社が開発するパワーコンディショナです。超小型製品で10.4kgと軽量であるため、作業者1名で設置が可能です。また壊れやすいヒューズや外部冷却ファンが無いため、長期間の運用においてメンテナンス費用の抑制が期待できる製品です。

サンテックパワージャパンは、より高性能な太陽光発電モジュールを提供するとともに、ユーザの利便性が高く導入しやすいパワーコンディショナのラインナップ強化に取り組みます。

<製品仕様(ファーウェイ社製)>

■低圧用パワーコンディショナ SUN2000L-4.125KTL-JP/4.95KTL-JP


※1: 遠隔出力制御に対応するためには、別途SmartLogger1000が必要となります。
※2: 延長保証に関しては弊社担当者までお問い合わせください。 

■単相交流集電箱 ACBox-12/1-JP


■スマート交流集電箱 SmartACBox-12/1-JP


<サンテックパワージャパンについて> 

サンテックパワージャパンは、順風インターナショナルクリーンエナジー (Shunfeng International Clean Energy Ltd. 通称SFCE、香港証券取引所コード1165)の100%子会社です。前身である株式会社MSK時代から35年以上にわたり先進的な太陽光発電専業メーカーとして、長期で高い発電性能を提供し耐久性に優れた太陽光発電モジュールを提供しています。また長野県佐久市にある長野テクニカルサポートセンターは、豊富な経験と実績に基づく妥協を許さない技術サポートおよび品質管理を提供し、充実した保証制度とともに、全国規模でアフターサポートを提供しています。サンテックパワージャパンは2017年7月に創業50年を迎え、これからも太陽光発電のみならずプラスアルファで日本の省エネ化に貢献してまいります。 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サンテックパワージャパン株式会社 >
  3. サンテックパワージャパン小規模産業向けパワーコンディショナのラインナップを拡大