”モノを個人間で自由に貸し借り”。個人間レンタルアプリ「Anyble(エニブル)」のクラウドファンディングスタート

ITスタートアップAnyble(エニブル)は、2017 年12⽉20 ⽇(⽊)より、クラウドファンディングプラットフォームReadyforにてプロジェクトを公開しました。

Anyble(エニブル)は現在提供しているサービスの認知を目的に、Readyforにてプロジェクトを公開しました。今回のプロジェクトを通して獲得した金額は、広告費に利用する予定をしております。支援目標金額は200,000円。クラウドファンディングプラットフォームReadyforにて1月24日(水)午後11:00まで公開しております。

■Anyble(エニブル)とは?

Anybleは”物”を個人間で貸し借りできるレンタルアプリです。 購入したけどほとんど使っていない商品はないでしょうか?商品を格安で借りられたらなと思うことはない でしょうか?そんな悩みをAnybleが解決してくれます。

Anybleを使えば、眠っている商品を貸し出して収入を得たり、憧れの商品も格安で借りることが出来ます。”モノのシェアリングを当たり前に”。さあ、Anybleで物をシェアリングしましょう!

コーポレートサイト:http://anyble.com/
サービスレンタルサイト:https://www.anyble-marketplace.com/


■プロジェクト背景
近年AirbnbやUberを筆頭にシェアリングエコノミーが世界中に浸透しつつあります。また、物の個人間レンタルもそのシェアリングエコノミーの1つで、米国やヨーロッパでは発展してきております。しかし、残念ながら日本ではあまり浸透しておらず、Anybleを立ち上げた現在でもまだまだ当サービスは認知されておりません。
そこで、当サービスについての広告を出し、多くの方に認知してもらうために、Readyforにてプロジェクトを開始いたしました。多くの方に認知されユーザー数が増えていけば、アイテムの数や種類も増えていくはずです。そうすればAnybleはより魅力的な場所になっていくと考えております。


■サービス概要
サービス名     Anyble(エニブル)
ジャンル      個人間レンタル
配信開始日     β版:2017年8月
運営責任者     松本悠利
対応言語      日本語

コーポレートサイト:http://anyble.com/
サービスレンタルサイト:https://www.anyble-marketplace.com/
公式facebook:   https://www.facebook.com/MONOsharing

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Anyble株式会社 >
  3. ”モノを個人間で自由に貸し借り”。個人間レンタルアプリ「Anyble(エニブル)」のクラウドファンディングスタート