東京ヤクルトスワローズと社会貢献活動を実施

埼玉県深谷市のリトルリーグチームを神宮球場のイベントに招待、ギャオス内藤さんを講師に迎えた「UACJ野球教室」を開催

 株式会社UACJ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田満、以下「UACJ」)は、スポーツを通じて次世代を担う青少年の育成を図ることを目的に、東京ヤクルトスワローズと野球に関連する社会貢献活動を実施しました。

 株式会社UACJホームページ https://www.uacj.co.jp/

5月3日 試合前練習見学5月3日 試合前練習見学

5月12日 UACJ野球教室5月12日 UACJ野球教室


 5月3日(木)に開催した「UACJpresents ゴー!ゴー!スワローズスペシャルデー」では、プロ野球観戦を通じて夢や感動を伝えることを目的に、当社が深谷製造所を構える埼玉県深谷市のリトルリーグチーム「藤沢スターボーイズ」所属の小学生とご家族計48名を東京ヤクルトスワローズのホームゲーム観戦および練習見学ツアーに招待しました。当日は、試合前に練習場で選手たちと交流したほか、チームの代表者が始球式や花束贈呈を行い、チーム全員で試合を観戦しました。プロ野球選手の迫力あるプレーを見て、スタンドは子どもたちの笑顔や元気な声に包まれました。
 また、5月12日(日)には、深谷市のリトルリーグチームに在籍する少年少女を対象とした「UACJ野球教室」を開催しました。このイベントは、将来を担う子供たちにスポーツの楽しさや魅力を伝え、スポーツの普及及び青少年の健全な育成を目指すものです。当日は、124名の小学生が参加し、野球解説者でタレントの内藤尚行さん(通称 ギャオス内藤)、宇佐美康広さん、徳山武陽さんら3名のスワローズOBが技術指導にあたりました。内藤さんは、「子供達の笑顔が印象的でした。この様な企業の社会貢献活動は大変素晴らしいと思います。今後も日本各地で同様の教室を行い、将来を担う子供たちに野球を通じて豊かな学びと経験の場を提供していきたいです。」と語っていただきました。
 UACJは、今後も地域と連携しながら子供たちの夢を応援し、より良い社会の実現に貢献して参ります。

「株式会社UACJ」について
 UACJは、日本発のグローバルアルミニウムメジャーグループを目指し、2013年に古河スカイと住友軽金属工業の経営統合によって誕生しました。アルミニウム圧延品の生産能力は年間100万トンを超え、国内では第1位、世界でもトップクラスの規模を誇ります。なお、UACJグループの株式会社UACJ金属加工は、野球用の金属バット年間約30,000本分、重量にして約60トンの高強度アルミニウムを生産、提供しております。
 詳細につきましては当社ホームページhttps://www.uacj.co.jp/ をご参照ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社UACJ >
  3. 東京ヤクルトスワローズと社会貢献活動を実施