【SKT株式会社】10.3インチEinkパネル搭載のAndroidタブレット『BOOX NOTE』を発売

スマートフォン、ノートパソコンに続く『鞄の中の三台目』の地位を、EinkとAndroid6.0、Wacomスタイラスを組み合わせたタブレットにより実現

SKT
SKT株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:西村京子)は、ONYX-INTERNATINAL(オニキスインターナショナル)のBOOX NOTE(ブークスノート)を5月前半にAmazon及びSKTNETSHOPにて発売いたします。


 

『BOOX NOTE』は、質量325g、厚さ約6.8mmで、A5相当の10.3インチ(1872×1404ドット)のEInkパネルを用いたAndroid6.0タブレットです。パネルがEInkのため文字が非常に読みやすく、4096段階の筆圧感知及び傾き検知機能を持つワコムスタイラスの採用により、滑らかな描き心地を実現しました。

 


 

Android6.0に対応しているためGooglePlayストアからお好みのソフトウェアをダウンロードできます。例えば語学学習の電子書籍テキストを読んだり、内蔵のスピーカーを用いてアプリから発音用の音声を聞くなどといった使い方ができます。
 



当店はこれまでBOOX MAX2やPC用EINKセカンドモニタであるPAPERLIKE PROを、作家様や大学関係者様、法人様向けに販売しておりました。しかし、上記の商品は13.3インチとA4相当のサイズになるため持ち運びが難しく、職場や自宅に据え置いて使うモデルでもありました。今回のBOOX NOTEは10.3インチでA5相当となるため、鞄に入れて持ち運びしやすいサイズとなっております。

●商品特長
1、タブレット本体の充実したスペック

 

 



B5の紙とほぼ同等の249.5×177.8mmの本体サイズの中に、A5相当となる10.3インチの高解像度Einkパネル(227ppi)を採用しております。CPUは1.6gHzのクアッドコア及び2GBのRAMを搭載。本体性能を求められるアプリであったとしても楽々と動かすことができます。内蔵ストレージは32GBであるため、大量の電子書籍を持ち運ぶことができます。

2、優れた電子書籍リーダーアプリであるNeoReader2.0
 



本体に付属のNeoReader2.0は、PDFを取り込むことによって、余白やコントラストの調整を自動的に行うことができます。そのため自作の電子書籍であっても、PC側で読みやすくするための手間をかける必要はありません。もちろん注釈や線を引くことも可能です。
 

 



3、手書きメモに便利な二画面表示機能



通常のPDFを見開き状態にして、白紙ページにメモを取ることができるスライドノート機能を搭載。書き出した後はオンラインストレージ経由でPCに転送できます。

3、筆圧感知及び傾き検知に対応したNoteアプリ

(注)スタイラスが滑らかに使えるのは現在ではオリジナルのPDFリーダーとNoteアプリになります。今後はサードパーティ製のアプリでも対応する予定です。
 



4、手とペンの切り替えをスムーズに行えるパームリダクション機能
 



■ONYX-INTERNATINALの公式ビデオ
 

 


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SKT >
  3. 【SKT株式会社】10.3インチEinkパネル搭載のAndroidタブレット『BOOX NOTE』を発売