「WHOSE LEATHER」 THINK OF THINGSにて、ショップインショップ開催。

革のものづくりを再構築する「WHOSE LEATHER」が登場

THINK OF THINGS×SANYO LEATHER×POOL inc.による、
革のものづくりを再構築する「WHOSE LEATHER」が登場。
THINK OF THINGSにて、第一弾ショップインショップをオープン。


創業107年を迎える皮革企業 株式会社 山陽(本社:兵庫県姫路市/代表取締役:川見斉)は、クリエイティブエージェンシーPOOL inc,(本社:東京都渋谷区/代表:小西利行)とともに革のものづくりを再構築するプロジェクト「WHOSE LEATHER」の第一弾として、5月10日(木)〜5月22日(火)原宿のコクヨ直営ライフスタイルショップ&カフェ「THINK OF THINGS」にてショップインショップをオープンします。

《WHOSE LEATHER》
「WHOSE LEATHER」は、様々なクリエイターとの実験から革の可能性を探ることを目的に、山陽とPOOL incがスタートしたプロジェクトです。THINK OF THINGSとのコラボレーションはプロジェクトの第一弾。建築や家具、文具など様々な背景を持つTHINK OF THINGSのデザイナーが「Thinker(考える人)」をテーマにデザイン協力し、そこから生まれたプロダクトを会場にて販売いたします。
「WHOSE LEATHER(だれの革?)」というショップネームは、つくり手からの視点ではなく、「どういう人が使う革か」という視点から新しい革づくりを実験する、というビジョンを表しています。

《7つのプロダクト》
革のプロダクトは、全7種。『THINKER’S HAMMOCK(革のハンモック)』、『THINKING ABOUT YOU(革のブローチ)』、『EUREKA!(革のペーパーウェイト)』、『NO THINK DAY(革の時計型ブレスレット)』、『IDEAMAN(革の小さなペン)』、『MILLIONAIRE THINKING(革の100万円封筒)』など、ユニークな6種の商品に加え、期間中、THINK OF THINGSでWHOSE LEATHERの商品をご購入いただいた方、もしくは5月11日(金)から5月13日(日)に2F会場にて開催される、「WHOSE LEATHER_Thinker」のものづくりのプロセスをご紹介する特別展示をご覧いただいた方に、“考えることを考え始めた記念”の革のシール『REMEMBER』を無料でプレゼントいたします。

《5/12~5/13の2日間開催 無料ワークショップ》
さらに、5月12日(土)、5月13日(日)の週末には、先着100名様(2日間50名様ずつ)に無料で、使い道を自由に考えられる革ケース『CASE BY CASE』を製作するワークショップを体験していただけます。この機会に、革という素材が持つものづくりの新たな可能性に触れ、感じていただければ主催者にとってこの上ない喜びです。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

 



○会期:2018年5月10日(木)〜5月22日(火) 13日間限定

○2F特別展示:2018年5月11日(金)〜5月13(日) 3日間限定(10:00-17:00)
3日間限定で、THINK OF THINGSのクリエイター達と山陽がどのようにして「WHOSE LEATHER_Thinker」のプロダクトを発想し、作り上げていったかをご紹介する特別展示を行います。展示をご覧いただいた方には、“考えることを考え始めた記念”の革のシール『REMEMBER』を無料でプレゼントいたします。

○営業時間:午前10時~午後8時
○会場:THINK OF THINGS(東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1 / JR原宿駅から徒歩3分)


○主催:株式会社山陽、POOL inc.
○「THINK OF THINGS」ホームページ:http://think-of-things.com/
○株式会社 山陽 ホームページ:http://sanyotan.co.jp/
○POOL inc. ホームページ: https://pool-inc.net/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. POOL inc. >
  3. 「WHOSE LEATHER」 THINK OF THINGSにて、ショップインショップ開催。