「200円均一」新業態の子ども服専門・リユースショップがマークイズ福岡ももちに誕生!

2021. 2/19(金) マークイズ福岡ももち・1Fに期間限定オープンいたします。

こども用品専門リユースショップ“POST&POST“を福岡市内に3店舗展開する、ポストアンドポスト株式会社(本社 福岡市東区、代表 吉田照喜)は、同店初となる“200円均一“スタイルの店舗『ポスポスマルシェ200』を2021年2月19日(金)マークイズ福岡ももち1階フロアに開店いたします。

【ポスポスマルシェ200】では、春の入園入学シーズンに高まる子ども服需要に合わせ、リユースこども服を均一プライスでご提供。毎日のお買い物ついでに、リユースをより身近なものに感じていただき、「モノを大切に、長く使う暮らし方」を提案します。

■店舗の概要

完成イメージ(内観)完成イメージ(内観)

 

・名称
ポスポスマルシェ200 マークイズ福岡ももち店
(〒810-8639 福岡県福岡市中央区地行浜2-2-1 1階)

・オープン日
2021年2月19日(金) (~ 同年 3月下旬までの期間限定)

・品目
リユースのベビー/子ども服(新生児サイズ~120cm)・シューズ・服飾雑貨・おもちゃ量り売りコーナー ほか

・売場面積:約 42 坪
・営業時間: 午前10時~午後8時 ・定休日: 商業施設に準ずる
・HP: http://post-post.jp/

(※新型コロナウイルス感染拡大防止のため以下を心掛けています。お客様におかれましてもご協力をお願いいたします) 
・従業員のマスクの着用と体温測定
・お客様間の距離の確保 ・手指の消毒


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■こんな場面で
汚れやすい日常着や通園着に。

「食事や遊びですぐ汚れてしまう…」「すぐにサイズアウトし着れなくなる…」
そんな子育てママ・パパのお悩みをリユース子ども服で応援。
 入園準備で必要な、“園用のお着替え“にも最適です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



■出店の背景
​コロナウィルス感染拡大の影響で「“行き場を失った” 子ども服」


POST&POSTでは、リユースやリサイクル未経験のお客様でもご利用しやすい店舗づくりのため、商品状態(きれいさ)の基準を高く設定しています。
そのため、これまでお買取をした子ども服のうち基準に満たない状態のものは海外へリユース品として流通をしてきました。
ところが、コロナウイルス感染拡大の影響でこれら一切の流通がストップしてしまい、行き場を失った子ども服が大量にあふれる事態に。これらは路面店では並びませんが少しの使用感があるだけで、まだまだ十分に活躍できるものばかり。そこでこの度、“200円均一“というおまとめ買いしやすい価格で販売し、次の持ち主へとつなぐ『ポスポスマルシェ200』を期間限定でオープンすることになりました。




■POST&POST (ポストアンドポスト)とは
捨てない、100年後の未来のために。子育て世帯へ、暮らしと環境を考えるきっかけを。

 

東区土井店東区土井店

2015年に1号店が誕生し、現在では福岡市内に3店舗(南区長住、西区石丸、東区土井)を展開。
各店舗とも185平米の広い店内に20,000点以上の子ども服とベビー用品が並び、月間4000名の子育て世代のお客様にご利用いただいております。
今までリサイクルに積極的でなかった子育て世代の方の利用を促進すべく「圧倒的なアイテム数・店内のオシャレさ・商品の清潔さ」を徹底しておます。これからも子育て世帯に向け『リユースをファーストチョイスに』という新たな価値を、福岡から発信し続けます。

 
ポストアンドポスト株式会社
福岡県福岡市東区多の津4-14-1
設立 2017年3月  資本金 1,000万円 代表取締役社長 吉田照喜 従業員数 計 30名
HP http://post-post.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ポストアンドポスト株式会社 >
  3. 「200円均一」新業態の子ども服専門・リユースショップがマークイズ福岡ももちに誕生!