ヴェオセル™サーフェスに、最新の「Quat」リリース技術を使用した新リヨセル繊維が誕生

硬い表面の清掃や除菌シートとして高吸収性に富み、環境に配慮された最適な繊維

レンチング・グループ(本社:オーストリア、最高経営責任者:ステファン・ドボツキー、以下レンチング社)は本日、ヴェオセル™サーフェスブランドに「Quat、以下クウォット」リリース技術を使用した革新的な新製品、「ヴェオセル™リヨセル繊維」を発売しました。これは高品質の特殊な木材由来セルロース繊維で、硬い表面の洗浄や除菌シートに利用されます。レンチング社のクウォットと呼ばれる4級アンモニウム化合物を、クウォットリリース技術を使用してウェットティッシュの表面に放出したもので、家庭やビジネス環境で効果的に洗浄と消毒を可能にします。環境に配慮した製造プロセスで生産されており、レンチング社の特殊不織布ブランドであるヴェオセル™の最新製品として、植物由来の清潔で安全、生分解性のある繊維となっています。

ヴェオセル™ブランドは、ヴェオセル™ビューティ、ヴェオセル™ボディ、ヴェオセル™インティメイト、ヴェオセル™サーフェスの4ブランドで展開され、ベビーケアや美容、ボディケア、インティメイトケア、表面洗浄において幅広く革新的な製品が提供されています。

使い捨て洗浄除菌シートの大部分は主に、ポリエステルやポリプロピレンなどの合成繊維で作られているため、レンチング社のセルロース繊維は、持続可能性、植物由来、清掃効果を上げる品質から不織布業界の高い評価を得ています。これまでセルロース繊維があまり使用されてこなかった主な理由は、繊維に除菌剤のクウォットが結合してしまうことで、その除菌効果が損なわれてしまうためです。しかしクウォットリリース技術を使用することで、除菌剤とリヨセル繊維の結合が大幅に減少するため、効果的に表面の拭き取りや消毒ができるようになりました。さらにヴェオセル™リヨセル繊維は、吸収性において優れており、ウェットティッシュ内の水分を均等に分布させるだけでなく、洗浄表面への水分塗布や手触りのよさを実現しています。

「この度、クウォットリリース技術を使ったヴェオセル™リヨセル繊維を発売できることは、不織布産業において重要な技術の成果であり、継続的に革新を推し進める当社の確固たる姿勢を示すものと言えます」と、レンチング・グループ、 グローバル・ビジネス・マネジメント不織布部門バイス・プレジデントのウルフガング・プラッサーは述べています。「不織布業界は主に、使い捨て製品を取り扱っており、ここ数年で急速に成長しています。当社にとって、持続可能性は会社の根幹となっています。生分解性のある堆肥化可能な繊維のヴェオセル™リヨセル繊維を消費者の皆様へお届けし、不織布業界における持続可能な技術革新を推進して参ります。機能的なメリットを提供するだけでなく、環境に対しても責任を持ち、持続可能性と地球の保全に貢献する製品を引き続き提供していきます」

クウォットリリース技術は、ヴェオセル™ サーフェス繊維で採用されている中核技術の1つです。ヴェオセル™サーフェスは、除菌シートなどを含む家庭用クリーニングシートに使用されます。

***

ヴェオセル™について
ヴェオセル™はレンチング・グループの主力不織布ブランドです。再生可能な原料木材から作られるヴェオセル™は、日々ナチュラルなケアを提供し、不織布業界の持続可能性と自然な快適性において業界標準となるべく、その推進に取り組んでいます。ヴェオセル™は、天然吸水性、水分分布、通気性、生物分解性、汎用性いった優れた特性で、不織布製品に自然のエッセンスをもたらしています。

ヴェオセル™の製品ポートフォリオには、ヴェオセル™リヨセルおよびヴェオセル™特殊ビスコース繊維があり、これらは持続可能なライフスタイルに合わせて作られています。自然のサイクルに完全に融合することによって環境バランスの維持をサポートしています。これらの繊維は環境に配慮した製造プロセスで生産され、清潔で安全、生分解性であることが証明されています。このブランドは、ヴェオセル™ビューティ、ヴェオセル™ボディ、ヴェオセル™インティメイト、ヴェオセル™サーフェスの4つのブランドに分類され、その繊維はベビーケア、美容、ボディケア、インティメイトケア、表面洗浄製品に使用されています。

ヴェオセル™ブランドの繊維は、認証済みの管理されている森林および農園の持続可能または再生可能な木材原料から生成し、環境に配慮した循環型製造プロセスで製造されています。繊維は堆肥化可能で生分解性があるため、安全に原材料に分解されて完全に環境に還元することができます。

レンチング・グループについて
レンチング・グループは、再生可能な原料木材から環境に配慮した革新的な技術で高品質の繊維を生産しているグローバル企業です。これらの繊維は、幅広い繊維および不織布の用途の基盤であり、作業服や防護服、工業用途にも使用されています。

 レンチング社の品質と革新力は、木材由来セルロース繊維においてグローバル・スタンダードを打ち立てています。80年の歴史を持つレンチング・グループは、3世代の木材由来セルロース繊維を大量生産する、世界で唯一の企業です。その製品は、繊維用途のためのテンセル™、不織布用のヴェオセル™、他の分野や他の製品における特殊繊維用途向けのレンチング™の商標で市販されています。リフィブラ™リサイクル技術、他とは一線を画すレンチング™エコベロ™ブランドの繊維、テンセル™リュクスブランドのリヨセル長繊維のようなイノベーションにより、レンチング社はグローバル・イノベーションのリーダーとなりました。

レンチング・グループの成功は、イノベーション、技術、品質におけるリーダーシップと併せて、一貫した顧客中心主義をベースとしています。レンチング社は環境基準が非常に高い持続可能な管理の原則に注力しており、業界で最も持続可能な企業として、ビジネス・プロセスに関する数多くの国際的な持続可能性認定を取得しています。レンチング・グループは、中核事業である繊維に加え、エンジニアリングやプラント建設の分野でも事業を展開。自社以外にも外部の顧客に対してもサービスを提供しています。

レンチング・グループ2017年 企業データ
売上:22.6億ユーロ
生産量:1,009,000 トン
従業員数:6,488名
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レンチングAG >
  3. ヴェオセル™サーフェスに、最新の「Quat」リリース技術を使用した新リヨセル繊維が誕生