3日間で約1,700名が高円寺の銭湯『小杉湯』へ。2019年に控える外交関係樹立100周年に向けて、フィンランド文化の豊かさを日本の銭湯から発信する『小杉湯 夏至祭』が大盛況のうちに終了!

小杉湯×フィンランド『 夏至祭 - Midsummer Festival - 』

2018年6月22(金)〜24日(日)に​株式会社小杉湯は、東京都杉並区高円寺小杉湯にて、2019年に控える日本・フィンランド外交関係樹立100周年に向けて、「小杉湯 夏至祭 - Midsummer Festival -」を開催し、約1,700名の方が訪れ大盛況のうちに終了しました。
株式会社小杉湯(本社:東京都杉並区高円寺、代表:平松茂、以下、小杉湯)は、2019年に控える日本・フィンランド外交関係樹立100周年に向けて、日本の銭湯からフィンランド文化の豊かさを発信したいという想いのもと、「小杉湯 夏至祭 - Midsummer Festival -」(http://geshisai.sento-saiko.jp/)を2018年6月22(金)〜24日(日)に開催。3日間合計で約1,700名の方が訪れるなど、大盛況のうちに終了しました。

遠く離れた土地でもあるにも関わらず、どこか似ているフィンランドの公衆サウナと日本の銭湯。今後も、小杉湯では、フィンランドの魅力を日本の銭湯の立場から発信していきたいと考えています。


■「フィンランドの森と湖」 in 小杉湯浴室

植物アーティストACCO SUZUKI(密林東京)による、小杉湯浴室の大空間を使ったインスタレーションを行いました。「フィンランドの森と湖」をテーマに、浴室の中に森をつくり出し、まるで森林浴をしているような感覚で入浴を楽しんでいただける空間を演出しました。

■最終日6月24日(日)には、特別企画を実施。
○朝日のさす浴室内でサウナヨガ

天井高く、太陽の朝日が入る湯浴室にて、日本で唯一フィンランド認定のサウナヨガインストラクター・Izumiさんを講師に、一日の始まりを爽やかに過ごすためのサウナヨガレッスンを行いました。

○トークイベント「銭湯と公衆サウナ」を開催

「銭湯と公衆サウナ」をキーワードに、両者の違いや、それを形作るフィンランドの文化、公衆浴場が形づくる豊かさを、公衆サウナ専門家のこばやしあやなさんと、銭湯番頭のenyahonamiさんで行いました。

○フィンランド料理でランチ交流会

浴室を会場に、荻窪で人気のフィンランドCafé『キエロティエ』のスペシャルランチミールを囲んで、交流会を実施。サーモンスープやシナモンロールを片手にフィンランドトークに花が咲きました。

○屋外ブースも売り切れ続出の大盛況

フィンランドCafe & Bar、テントサウナ、HUKKA DESIGN、サウナトラックなど、フィンランド関係のショップやサウナを愛する団体がブース展開。グッズの売り切れ続出の賑わいました。

■小杉湯×フィンランド 『夏至祭 - Midsummer Festival - 』開催概要
開催日:2018年6月22日(金)〜24日(日)
開催時間:15時30分〜深夜1時45分
開催場所:小杉湯(杉並区高円寺北3-32-2)
Webサイト:http://geshisai.sento-saiko.jp/
《協力》株式会社メトス、北欧旅行フィンツアー、HUKKA DESIGN、小杉湯
《後援》フィンランド大使館商務部、フィンエアー(フィンランド航空)
《主催者》銭湯再興プロジェクト (https://camp-fire.jp/projects/view/72875
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社小杉湯 >
  3. 3日間で約1,700名が高円寺の銭湯『小杉湯』へ。2019年に控える外交関係樹立100周年に向けて、フィンランド文化の豊かさを日本の銭湯から発信する『小杉湯 夏至祭』が大盛況のうちに終了!