【福井県池田町】農村体験・自然遊びブランディング事業を実施します

全国の農村で行われている農村・自然体験との差別化を図りながら、「学びある農村体験・自然遊びといえば福井県池田町」をPRします。

福井県池田町(町長:杉本博文)は、株式会社学研イノベーションと提携し、池田町で行われている農村体験や自然遊び体験について、マーケティング調査や教育的価値の検証を行い、体験プログラムの磨き上げや再構築を行いながら、全国の小学校や教育関係者に向け、池田町をPRする取り組みを実施します。
福井県池田町は、株式会社学研イノベーションと提携し、「農村体験・自然遊びブランディング事業」を実施します。
全国の中山間地域において行われている農村・自然体験との差別化を図るべく、学研のネットワークを活かしたマーケティング調査や、識者や学研イノベーションによる体験の教育的価値の検証を行い、それらを活かしてプログラムの磨き上げや再構築を行うとともに、「学びある農村体験・自然遊びといえば福井県池田町」のPRを実施します。
なお、この事業は、総務省の過疎地域等自立活性化推進交付金の交付決定を受けております。

農村体験プログラム「しめ縄作り体験」農村体験プログラム「しめ縄作り体験」

 

 

 

農村体験プログラム「ほお葉飯づくり」農村体験プログラム「ほお葉飯づくり」


主な取り組みの内容】

  • 学研イノベーションが全国の小学校に向けて発行しているフリーペーパー「ソトイコ!」の読者を対象としたマーケティング調査の実施
  • 識者及び学研イノベーションによる実地調査、体験の検証
  • マーケティング調査及び体験の検証を活かした体験プログラムの磨き上げ・掘り起こし
  • 「ソトイコ!」及び「教育ジャーナル」での池田町PR

【期待される効果】
  • 町内で行われている各種体験事業の磨き上げによる、教育旅行等の誘客力アップ
  • 体験ガイドや施設スタッフのレベルアップ
  • 都市部からの評価による、住民の誇りの取戻し
  • 教育事業者としてネームバリューのある学研グループの事業会社との提携による、教育ブランドとしての「福井県池田町」の確立

これらの事業のスタートとして、以下の日程で「事業クランクイン調印式」を行います。

【事業クランクイン調印式】
日時:2018年7月6日(金)午前11時~
場所:福井県池田町役場(福井県今立郡池田町稲荷35-4)
出席者:池田町長、株式会社学研イノベーション代表取締役社長 他

≪提携事業者≫
株式会社学研イノベーション https://gakken-inv.co.jp/

≪お問い合わせ≫
福井県池田町役場 https://www.town.ikeda.fukui.jp/
〒910-2512 福井県今立郡池田町稲荷35-4
電話番号 0778-44-8210(特命政策課)

≪福井県池田町観光情報サイト≫
いい池田.jp  https://www.e-ikeda.jp/
農村体験プログラム https://ikeda-taiken.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 池田町役場 >
  3. 【福井県池田町】農村体験・自然遊びブランディング事業を実施します