燃料を使わずに発電タービンを回す回転技術[RT2]の実用化に向けた取り組みを開始

RT2の回転の技術的原理を公開し、技術説明会も開催します。

 株式会社ラムロックテクノロジーは、燃料(石油や原子力)を使わずに発電タービンを回転させることが可能な回転技術[RT2]を開発し、この技術の実用化に向けた取り組みを開始しました。この技術を応用すると、燃料を使わずに発電タービンを永久に回転させることができて、実用化すると、燃料を使わずに発電し続ける一般家庭用の発電機や、自動車用の発電機を実現できます。この技術の実用化開発を行う共同開発企業様を募集するとともに、この技術に関して、回転の技術的原理をホームページ上に公開しました。また、同時に技術説明会を開催します。
株式会社ラムロックテクノロジーは、燃料(石油や原子力)を使わずに発電タービンを回転させることが可能な回転技術[RT2]を開発し、この技術の実用化に向けた取り組みを開始しました。この技術を応用すると、燃料を使わずに発電タービンを永久に回転させることができて、実用化すると、燃料を使わずに発電し続ける一般家庭用の発電機や、自動車用の発電機を実現できます。この技術の実用化開発を行う共同開発企業様を募集するとともに、この技術に関して、回転の技術的原理をホームページ上に公開しました。また、同時に技術説明会を開催します。

 【技術の特徴】
 燃料を使用しないため、既存の電力会社の発電コストを大幅に削減できる。
 CO2を発しないため、地球温暖化の防止に貢献できる。
 太陽光が必要無く、昼夜を問わず安定して発電ができる。
 太陽光発電、水力発電、風力発電、と違って場所を選ばず、ビルの中や屋上、自宅のベランダ、地下、など様々なところに設置することができる。
 熱を発しないので、冷却のための海水なども不要で、海岸沿いに設置する必要が無く、津波などの影響も受けない。
 自動車へ搭載できる可能性もある。
 電車の線路沿いに、電車用の発電所を設置すれば、低コストで電車を走らせることができる。
船へ搭載できる可能性もある。
 発電するだけでなく、回転する力によっては自動車や電車や船を直接 駆動できる可能性もある。
 酸素が貴重な宇宙空間で発電できる可能性がある。(燃料を使わないため、酸素が必要無い。)
 構造が簡単なので、製造コストを抑えることや永続的に使用する際のメンテナンスコストを劇的に抑えられる可能性がある。

【今後の展望】
 世界の年間の電気代が400兆円規模に向かって拡大する中、弊社は 各メーカーへのRT2発電機の実用化を支援し、世界中の発電をRT2技術で行うことと、RT2の技術ライセンス料で、年間400兆円の6~7%(24兆円~28兆円)の獲得を目指す。

【共同開発企業様を募集】
いくつか課題があるものの、それらの課題を解決し、小型化と強力化を実現すれば、小さくても一般家庭の全ての電力をまかなえる家庭用発電機や、それを複数個並べると、自動車を動かせる発電機へと発展できると考えております。
一緒に開発に取り組んで頂ける企業様を募集しています。

 【技術説明会の開催】
 2018年9月21日(金)に「技術説明会」を計画しています。(費用は無料。事前申し込みが必要)
13:00~、福岡システムLSI総合開発センターにて開催致します。
RT2の回転の「 力の原理 」や、今まで行った実験などから分かったこと(課題や解決の方針)などについて、ご説明させて頂きます。
   まずは、どんな技術か聞いてみたいという方はご参加ください。
 その日が都合が悪い、もしくは個別に説明を受けたいという企業様は別途ご連絡を下さい。

【メディアの皆様】
取材歓迎です。RT2は、全く新しい技術であり、また、同じように見える類似技術がたくさんあるため、
従来技術との違いを含め、世の中の人には分かりにくいです。
取材して頂き、テレビや新聞、雑誌などで、世の中の人に分かりやすいように、お伝え頂けたら幸いです。
また、手始めに、おもちゃのレベルでいいので、永久に発電する小型の発電機(豆電球が光り続けるようなもの)を作りたいと思っております。
番組の企画などで一緒に作って頂けると面白い番組になると思います。

【お問い合わせ先】
(株)ラムロック テクノロジー 代表取締役 赤間俊和 
メール : rt2@ramrock-technology.jp
ホームページ: http://www.ramrock-technology.jp/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ラムロックテクノロジー >
  3. 燃料を使わずに発電タービンを回す回転技術[RT2]の実用化に向けた取り組みを開始