全国初!障がい者アートのデータを公共化。無料ダウンロードや障害者支援施設や企業らと商品化

限定商品の販売「シブヤを持ち歩く超芸術ショップ」11月1日~15日、渋谷ヒカリエ 5階にて

株式会社フクフクプラス(代表取締役:磯村歩)は渋谷区(区長:長谷部健)及び渋谷区内の障害者支援施設と連携して、障がい者とデザイン学生が創作したアートデータ(シブヤフォント)を公共化し、障害者支援施設や企業での活用を促すプラットフォーム事業をスタートいたします。シブヤフォントをダウンロードできるサイトを公開するほか、シブヤフォントを活用した限定商品を渋谷ヒカリエ(「であい、つながるデザイン展」2018年11月1日〜11月14日)にて試験販売を行います。同販売では株式会社フクフクプラス、渋谷区内の障害者支援施設、株式会社アダストリア、伊澤タオル株式会社らが出品いたします。(ショップ名:シブヤを持ち歩く超芸術ショップ)
障がい者の創造環境の整備や鑑賞機会の拡大などを盛り込んだ「障害者文化芸術活動推進法」が全会一致で可決・成立し、文化庁、厚生労働省が障害者の芸術文化活動に支援するなど、障がい者アートの活用は国策として進められています。「ちがいをちからに変える街」をスローガンに様々な施策を進める渋谷区で、全国に先駆けて障がい者アートの魅力に着目し、活用を促す事業を実施します。

■シブヤフォントのダウンロードサイトを公開
渋谷区内の障がい者が描いた文字や絵を、「専門学校桑沢デザイン研究所」(東京都渋谷区)の学生が協働してアレンジし、フォントやパターンとして創作したデータが「シブヤフォント」(商標登録第5991327号)です。渋谷区では、このシブヤフォントを区公認のパブリックデータと認定し、誰もが気軽に障がい者アートに触れ、利用できるよう、無料・有料のシブヤフォントを多数ダウンロードできるウェブサイト(www.shibuyafont.jp)を公開しています。
 

シブヤフォントのロゴシブヤフォントのロゴ


■ここでしか買えない、ここでしか出会えない渋谷のお土産ショップ「シブヤを持ち歩く超芸術ショップ」
渋谷ヒカリエ(東京都渋谷区)にて開催される「であい、つながるデザイン展」11月1日〜14日では、シブヤフォントを活用した商品の試験販売を行います。シブヤフォントには、渋谷の名所にちなんで、スクランブル交差点に仁王立ちする巨人やホテル街を描いた作品など、ユニークなお土産として楽しんでもらえるものをラインナップいたしました。
 

シブヤを持ち歩く超芸術ショップのイメージ画像シブヤを持ち歩く超芸術ショップのイメージ画像


<ショップの特徴>
1)世界でたった一つの商品を販売
シブヤフォントを活用した世界でたった一つのデザインのタンブラー(提供:フクフクプラス)、一点づつ織り模様が異なる手織り商品(提供:渋谷区内の障害者支援施設)など、本ショップでしか買えない商品を販売いたします。

2)渋谷区の障がいのある芸術家や職人と出会える場所
同ショップ期間中は、シブヤフォントの創作者や手織り商品の職人である障がい者との交流が図れるなど、商品の背景が理解できる機会を提供いたします。

3)障がい者の困りごとをリデザインした既製服
「Play fashion!」をコーポレートスローガンに掲げるファッション企業の株式会社アダストリアと、任意団体CO-FUKUが連携し、障がい者の既製服の困りごとを反映したインクルーシブファッションを展示(11月8日〜14日)いたします。展示時期に合わせ、クラウドファンディングでも公開予定です。

4)障がい者アーティストが障がい者スポーツを応援する「パラスポーツ応援タオル」7種の限定販売
伊澤タオル株式会社は、障がい者アートを桑沢デザイン研究所のデザイン学生がアレンジした「パラスポーツ応援タオル」を試験販売(11月1日〜14日)いたします。同商品は11月13日に開催されるデザイン選考会(「超福祉展」のイベントとして開催)で約3点に絞り込み、来年1月の渋谷区新庁舎での販売を予定しております。

 

応援を身にまとう芸術(タオル)応援を身にまとう芸術(タオル)


<連携する渋谷区内の障害者支援施設>
はぁとぴあ原宿、福祉作業所おかし屋ぱれっと/工房ぱれっと、福祉作業所ふれんど、ホープ就労支援センター渋谷/アトリエ福花、むつみ工房、ワークささはた、ワークセンターひかわ

<株式会社フクフクプラスについて>
ソーシャルデザインにおける数多くの実績を誇るメンバー 磯村歩(元富士フイルム デザイナー)、福島治(東京工芸大学 教授)、高橋圭(元就労移行支援施設職員)によって設立されたベンチャー企業。障がい者支援ビジネスのイノベーションを目指している。 

<株式会社アダストリアについて>
グローバルワーク、ニコアンド、ローリーズファーム等、20以上のファッションブランドを国内外で約1,500店舗展開している。

<伊澤タオル株式会社について>
「エンドユーザーが本当に喜ぶ製品をつくる」という理念のもと、タオル商品の企画・提案から製造、販売、アフターフォローまで一貫した事業を行なっている。

<任意団体CO-FUKUについて>
 私らしく。あなたらしく。「誰でもおしゃれを楽める社会」を目指す有志で活動している。

本ショップの報道関係者向けの発表会を下記の通り開催いたします。是非ご取材をお願い申し上げます。

日時: 2018年11月13日(火)11時00分~11時30分
場所: 渋谷ヒカリエ クリエイティブスペース /8(8階)
出演: 渋谷区障害者福祉課長、認定NPO法人ぱれっと 福祉作業所おかし屋ぱれっと/工房ぱれっと 所長代理 玉井 七恵、株式会社フクフクプラス 代表取締役 磯村歩、渋谷区内の障害者支援施設 他
内容: シブヤフォント、「シブヤを持ち歩く超芸術ショップ」の紹介他

【報道関係者の参加方法】
当日ご取材いただけるメディア関係者の方は、11月11日までに、お電話もしくは下記メールアドレスにご一報ください。
株式会社フクフクプラス 広報担当:髙橋 
電話:050-5235-8640  メールアドレス:info@fukufukuplus.jp

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社フクフクプラス  広報担当:髙橋
電話:050-5235-8640  メールアドレス:info@fukufukuplus.jp 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フクフクプラス >
  3. 全国初!障がい者アートのデータを公共化。無料ダウンロードや障害者支援施設や企業らと商品化