2019年夏 横浜アンパンマンこどもミュージアムは新しく生まれ変わります!

株式会社ACM が横浜市西区みなとみらいで運営している「横浜アンパンマンこどもミュージアム& モール」は、2019年夏に移転致します。
 移転先は、みなとみらい21地区内で横浜市が新たにエンターテイメント街区と定めるエリア(60、61、62街区)の一角となり、現施設と比べて横浜駅からのアクセスが格段に向上します。
 恒常的なキャラクターエンターテイメント施設として、さらに密度の濃い参加・体験ができる施設へと深化した、「横浜アンパンマンこどもミュージアム」として生まれ変わります。

 横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールは、2007年4月に10年間の暫定施設として、期間限定を前提に営業を開始しました。
開業当初からご好評を頂き、オープンから一年を待たず有料施設の累計入館者数100 万人を達成。(2008年4月4日、開業から351日目)
全国各地から誘致の声があがり、2010年4月には全国で2 番目となる名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パークが三重県桑名市のナガシマリゾート内に誕生。2011年7月に仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール、2013年4月神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール、2014年4月に福岡アンパンマンこどもミュージアム in モールの順に開業し、全国で5施設を展開しています。

 横浜の施設は2017年に開業10周年を迎え、当初計画時の営業期間満了時期となりましたが、全国5施設のフラッグシップ施設として営業を継続すべく、横浜市のみなとみらい60・61街区事業者公募に参加・当選し、本計画地へ恒常的な施設として移転する事となりました。
 

新施設イメージ ※イラストはイメージです新施設イメージ ※イラストはイメージです

 

 

《移転概要》
新施設名称 横浜アンパンマンこどもミュージアム
移転先住所 横浜市西区みなとみらい6丁目2番(みなとみらい61街区)
敷地面積  5,650.00㎡(1,709坪)
建築構造  鉄骨造(一部RC造)
建築規模  地上3階、地下1階
3Fミュージアム(有料施設)/2Fチケットカウンター/1Fショップ&レストラン/B1F駐車場
建築面積  4,422.19㎡(1,338坪)
延床面積  14,053.93㎡(4,251坪)
開業予定  2019年夏  ※現施設の営業は、2019年5月末日をもって終了の予定
建築主  日本テレビ音楽株式会社
運営   株式会社ACM


​■現施設の実績
2007年4月の開業以来、多くのアンパンマンファンの皆さま、地域の皆さまが施設に足をお運び頂き、今月9日には有料施設の累計入館者数900万人を達成致しました。全国5施設の総合計では、約2,300万人もの方にご来場頂いております。

2017年4月20日の10周年セレモニーの様子 広場には約1,000人のお客様2017年4月20日の10周年セレモニーの様子 広場には約1,000人のお客様

 

2018年8月9日にミュージアム入館者累計900万人達成2018年8月9日にミュージアム入館者累計900万人達成


【株式会社ACMについて】
全国5カ所にあるアンパンマンこどもミュージアムの企画・管理・運営会社。
2006年横浜アンパンマンこどもミュージアム立ち上げに向け、アンパンマン関連商品を扱う企業21社が有限責任事業組合(LLP)を組成。2009年にLLP100%子会社として設立した株式会社アンパンマンチルドレンスミュージアムが、組織再編により2013年にLLPから事業継承、社名を株式会社ACMに変更し、現在に至る。新施設では施設の企画・運営を担う。

社 名: 株式会社ACM
住 所:〒105-0021 東京都港区東新橋2-4-1  サンマリーノ汐留 4F
代表者: 代表取締役社長 大澤 雅彦

【日本テレビ音楽株式会社について】
日本テレビHD傘下であり、日本テレビ系アニメ「それいけ!アンパンマン」の商品化権管理会社。また、株式会社ACMの筆頭株主であり、移転後の新施設では土地の取得および建築を担う。

社 名: 日本テレビ音楽株式会社
住 所:〒105-0021 東京都港区東新橋2-4-1  サンマリーノ汐留 5F ・9F
代表者: 代表取締役社長 林 隆一郎

© やなせたかし / フレーベル館・TMS・NTV
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ACM >
  3. 2019年夏 横浜アンパンマンこどもミュージアムは新しく生まれ変わります!