成田国際空港で世界中の旅行者がオリーブオイルの魅力を発見

スペイン産オリーブオイル専門職連携非営利団体によるスペイン産オリーブオイルのキャンペーン「オリーブオイル・ワールドツアー」が開催されてから2か月が経ちました。このたび成田国際空港を舞台に、EU(欧州連合)のサポートを受け、アジア市場をターゲットとした新キャンペーンをスタートさせます。

今回のキャンペーンの目玉は、スペイン産オリーブオイルの文化をテーマにしたブース「ジ・オリーブオイル・ラウンジ(The Olive Oil Lounge)」です。このブースでは、成田国際空港第2ターミナルの出口に設置され、オリーブオイルやオリーブオイル製造技術に関する情報を五感で体感することができます。利用客はタブレットやフォトブースで製品と触れ合うことができ、オリーブオイルの世界に浸れることができます。またブース内の「オリーブオイル・ギャラリー」でオリーブオイルの種類や特徴について学んだり、休憩スペースでフライト前のリラックスタイムを満喫したりできます。

成田国際空港の年間利用者数は3,700万人以上で、この数は国内の国際線利用者数の半数を占めます。海外の様々な食材と相性が良いオリーブオイルは近年、多くの日本人に親しまれています。実際に日本は、地中海料理の柱であるオリーブオイルの消費量がアジアで最も多い国です。スペインは世界中のオリーブオイルの25%の供給量を誇ります。日本のオリーブオイルの輸入元の一位がスペインで、2017年に日本国内で販売されたオリーブオイルの60%を生産する主要原産国です。

スペインオリーブオイル全職業連合の責任者のテレサ・ペレスは次のように述べています。「日本で最大の国際線利用者数を誇る成田国際空港は、このキャンペーンがターゲットとする外国や外国の食材に関心の高い人々が
多く集まる場所です。こうした人の多くは、健康にも関心があります。空港は毎日数十か国の利用者が行き来します。グローバルを視点にしたキャンペーンには絶好のロケーションなのです」。

「オリーブオイル・ワールドツアー」は、世界各地の市場をターゲットとする3か年販売促進戦略の一環として実施されています。アジア市場では日本、中国、台湾での認知度や売上の向上に取り組んでいます。


参考
http://oliveoilworldtour.jp/
https://www.facebook.com/OliveOilWorldTourjp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Olive Oils from Spain >
  3. 成田国際空港で世界中の旅行者がオリーブオイルの魅力を発見