歌詞や楽曲に込められたアーティストの世界観、ストーリーを30秒の縦型リリックビデオで配信するスマホアプリ「Lytory(リトリー)」のティザーサイトを公開

歌詞付きの縦型動画による新しい音楽の視聴体験を提供

Lytory projectは、10月3日に2019年内にサービス開始予定の30秒の縦型リリックビデオ配信アプリ「Lytory(リトリー)」(以下Lytory)のティザーサイトを公開したことをお知らせします。

・ティザーサイトURL
https://www.lytory.com

・30秒の縦型リリックビデオ配信アプリ「Lytory」について
「Lytory」はスマートフォンの視聴に最適化された “30秒の縦型リリックビデオ” を配信し、歌詞をもとにコミュニケーションができるソーシャルミュージックアプリです。
歌詞と楽曲のストーリーをより鮮明に伝えるために、「歌詞カード」や「アルバムジャケット」のように、アーティストの世界観を表現し、友達と共有し紹介しあうようなコミュニケーションを実現します。

 昨今さまざまな情報やコンテンツが溢れる中、スマートフォンでの動画視聴は興味のある箇所だけ視聴する短時間化の傾向にあり、よりユーザーの視聴を惹きつけるために普段のスマートフォンを利用する時と同じ向きで視聴可能な縦型動画が急速に注目されています。
また、音楽ストリーミングサービスの普及によりアーティストの収益は「再生回数」に比例するようになり、過去の曲も含めて今までとは違ったプロモーション方法を必要としています。

そのような時代の変化に対応し、「Lytory」は歌詞とストーリーを表現する映像と共に、楽曲の盛り上がる特別な30秒を縦型のリリックビデオで表現することで従来のミュージックビデオとは異なる新しい視聴体験を提供し、アーティストのプロモーションを強力に支援します。

アーティストは新譜旧譜限らずリードトラック以外の曲もリリックビデオとして配信することで、“想い”に共感してくれるファンを増やすためのプロモーションとして活用できます。リリックビデオに共感したユーザーは、歌詞の自分なりの解釈や感情をコメントすることで、同じ想いのユーザー同士でつながり、“共感” から新しいお気に入りの一曲に出会う事ができます。音楽ストリーミングサービスへのリンクも用意しているので気に入った曲は全曲視聴できます。

「Lytory」は縦型リリックビデオを軸としてサブミッションメディアのように複数のメディアへのプロモーション展開やアーティストのマーケティング支援を通じて、音楽の新しい価値創造を行い、音楽業界の発展へ貢献していきます。

アプリイメージ(画面は開発中のものとなります)アプリイメージ(画面は開発中のものとなります)

・Lytory projectについて
Lytory projectは音楽×動画×ITで音楽の新しい価値を創造し、アーティストのプロモーション支援を行うエンターテックのプロジェクトチームです。
私たちは「音楽には世界を変える力がある」と心から信じています。アーティストが想いを込めて作詞作曲した楽曲は聴く人に感動を与え、前向きに行動する勇気をもたらします。ですが、楽曲だけではアーティストの想いや世界観はまだ十分に伝わり切れていないと感じています。我々はアーティストの想いを魅力的に伝え「音楽が世界を変える」ことを実現していきます。

ティーザーサイトでは「Lytory」のスマホアプリイメージを体験できるティザームービーを公開しております。また、ティザーサイトに続きIGTVとTwitterにて30秒の縦型リリックビデオを順次公開していきます。

・Lytory ティザーサイト
https://www.lytory.com

ティザーサイトイメージティザーサイトイメージ

・Lytoryティザームービー

 

・instagram
https://instagram.com/lytorymusic?r=nametag

・Twitter
https://twitter.com/Lytory1?lang=ja


■お問合せ先
Lytory project 平田
info@lytory.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Lytory >
  3. 歌詞や楽曲に込められたアーティストの世界観、ストーリーを30秒の縦型リリックビデオで配信するスマホアプリ「Lytory(リトリー)」のティザーサイトを公開