広島の女子高生の肌をレスキュー!全国の女子高生を対象に”肌”を学ぶ授業を開催!第四弾はKTCおおぞら高等学院 広島キャンパス

花王株式会社のスキンケアブランド「ビオレ」は、女子高生に向けて「肌」をテーマにした授業を、日本全国の高等学校で実施しております。第四弾となる今回は、 12月5日(水)にKTCおおぞら高等学院 広島キャンパス
(以下、おおぞら高等学院)にて実施致しました。


 高校生は、肌のケアやメイクについて感心が高くなる時期。そこで、正しい肌ケアを知ってほしいという想いからこの授業は生まれました。本授業では、普段教えてもらえる機会の少ない、肌の基礎知識からメイク落としまで、「肌」をテーマに女子高生へ講義を行いました。第四弾となるおおぞら高等学院での授業では、肌についての授業の後、生徒全員がメイク落としを使って実際に自分の肌で体験しました。

 当日は、初めに肌の構造やはたらきについて、スライドを見ながら基礎的な講義を行いました。その後、実際に自分の肌に簡単なメイクを施し、オイルタイプのメイク落としを使ってクレンジングを行いました。クレンジングをする場面では、なかなか思うように洗えずに笑い合う初々しい姿も。綺麗にすすぎをした後はしっかりと保湿まで行い、授業は終了しました。
 授業を受けた生徒は、「メイクの仕方だけじゃなく、メイク落としの種類も学べて、とても勉強になった。大人になっていくにつれて、正しいメイク落としをして肌を保とうと思う。」と、感想を話してくれました。また、実際に生徒へ授業を行った先生は「普段の授業と全然違うので少し緊張しましたが、生徒たちが楽しそうでとても良かった。これをきっかけに、メイクするということだけじゃなく、肌にも関心を持ってくれれば。」と笑顔で語ってくれました。


■実施概要<広島校>

13:00  授業開始
 ①先生による肌についての講義
 ②メイク落とし体験(代表者が洗面器を使ったグループ実習)
 ③クロージング
13:50  先生・生徒へのインタビュー
14:10  閉講

■ブランド概要

花王株式会社「ビオレ」
1980年、洗顔料は石けんタイプのものが主流だったなか、「肌をやさしく洗える洗顔料をつくりたい」。その一心で、開発に7年もの年月を費やし、肌へのやさしさやつっぱらない洗い上がりの洗顔料が誕生しました。
「ビオレ」は、「Bios(生活)+Ore(満ち足りた)」のギリシャ語が語源です。
肌の調子がいいと、前向きで充実した生活が送れる。充実した生活をしていると、肌の調子がいい。「いい肌でいられること」と「充実した生活を送ること」は、お互いにいい作用をもたらします。
「ビオレ」は、健康な素肌を通して、 幸福な生活をサポートするブランドでありたいと願っています。
「ビオレ」公式ホームページ:https://www.kao.com/jp/

授業で使用した商品について


花王 ビオレ ピュアスキンクレンズ 水感オイルタイプ
ミニボトル(50ml)
価格:300円前後(税抜き)

ウォータープルーフのマスカラもしっかり落とせるオイルタイプなのに、すすぎ後の洗顔をしなくても、すっきりした洗い上がりになる新感覚のメイク落としです。
 

 

花王 ビオレ ふくだけコットン うるおいリッチ 拭き取りシートタイプ

本体44枚
価格:760円前後(税抜き)

シートタイプのメイク落とし。美容液成分配合でふいた後はしっとり。濃いメイクもすっきり落とし、そのまま化粧水等でお手入れができます。


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 花王株式会社 >
  3. 広島の女子高生の肌をレスキュー!全国の女子高生を対象に”肌”を学ぶ授業を開催!第四弾はKTCおおぞら高等学院 広島キャンパス