ワイズグローバルビジョン株式会社、戸田建設株式会社と、株式会社Darma Tech Labsより出資受け入れ

世界で注目される「水ビジネス」。沖縄の淡水化装置製造の会社に飛躍の可能性

沖縄の「ワイズグローバルビジョン株式会社」、戸田建設株式会社と、株式会社Darma Tech Labsより第三者割当増資の受け入れを発表。
 「安全で美味しい水を世界中に届ける」という事を理念に、世界各国で海水淡水化装置「MYZシリーズ」をはじめとする様々な水関連製品を展開する弊社「ワイズグローバルビジョン株式会社(本社:沖縄県うるま市、代表取締役 社長:柳瀬善史。以下ワイズ社)」は、ゼネコン大手の戸田建設株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:今井雅則、以下戸田建設)、ハードウェアベンチャー特化支援ファンド「MBC試作ファンド」を運営する株式会社Darma Tech Labs(本社:京都府京都市、代表取締役:牧野成将、以下Darma Tech Labs)を引受先とする第三者割当増資を実施致しました。(出資額は非公表)

 戸田建設の今回の出資はワイズ社の小型海水淡水化装置による水事業の普及拡大をサポートすることによるCSV(reating Shared Value 共通価値の創造)の実現を主目的としています。加えてワイズ社が、主力製品である淡水化装置MYZシリーズの活用先として注力しているのが工事現場です。そこで使用される工事用水の従来の供給方法では、運搬コストや水運搬車両事故発生のリスク等、改善すべき課題があります。ワイズ社のMYZシリーズを使用する事により、近隣の海や河川から工事用水の調達が可能となり、その課題の多くを解決出来ます。この画期的な方法に着目頂いた事により、この度、戸田建設との協業が実現致しました。今後は、同社の工事現場のみならず、広く国内外の工事現場へ、淡水化装置を利用した工事用水の調達方法を提案していきます。
 

 またDarma Tech Labs社は京都銀行を中心とした金融機関、島津製作所やDMG森精機など事業会社が出資するハードウェアベンチャー特化支援ファンド「MBC試作ファンド」からワイズ社へ出資をおこない、資金面だけでなく、コンサルティングサポートサービス「Makers Boot Camp」を通じて、急増するワイズ社の引合に合ったより迅速な生産ペースの確立する為、多くの知見やネットワークを提供し、ワイズ社の成長を支援頂きます。


 ワイズ社は今回の両社からの支援で更なる成長を加速させ、数年内のIPO(新規株式公開)を目指します。

●海水淡水化装置MYZシリーズ

 海水からでも真水を造れる小型の淡水化装置(MYZシリーズ)。MYZシリーズは海水から脱塩、塩分除去するだけでなく重金属などに汚染されている水や泥水なども濾過(ろ過)し、厚労省が定める水道法の水質基準までクリア出来る程、キレイな真水に変えることが出来る万能な浄水器です。津波などの被害が予想されるエリアでの防災備蓄だけでなく、持ち運べるほど小型なので、漁船やプレジャーボートなどの船舶への搭載、土木工事や宿泊所など沿岸や河川近くでの大量の水を確保したい時にも御使い頂けます。
(写真:MYZ E-40)

ワイズグローバルビジョン株式会社

所在地            沖縄県うるま市勝連南風原5192-47
役員           代表取締役 社長   柳瀬善史
        取締役会長兼CTO  大嶺光雄
設立          2012年9月20日
ホームページ     http://ysgv.jp/

戸田建設株式会社

所在地            東京都中央区京橋1-7-1
役員           代表取締役社長   今井雅則
創業          1881年1月5日
ホームページ     https://www.toda.co.jp/

株式会社Darma Tech Labs 

所在地            京都市下京区大政所町680-1第八長谷ビル3階
役員           代表取締役 牧野 成将
設立          2015年8月3日


以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ワイズグローバルビジョン株式会社 >
  3. ワイズグローバルビジョン株式会社、戸田建設株式会社と、株式会社Darma Tech Labsより出資受け入れ