どのMY漁師に私の牡蠣を託そう??宮城県石巻の漁師直送で送られてくる牡蠣大満喫のメンバーシップ制度「カキの環」、Makuakeで第3期メンバー募集開始

消費者と生産者をつなぎ、消費者と石巻をつなぐ。今までにない感動を牡蠣に乗せて届けます。

一般社団法人ピースボートセンターいしのまき(代表理事:山元崇央)は、2018年10月24日(水)より、クラウドファンディングサイトMakuakeにて、専任漁師を選べる牡蠣メンバーシップ制度「カキの環(わ)」でメンバーの募集を開始いたします。

【牡蠣メンバーシップ制度の背景】
2011年3月の東日本大震災から7年が経過し、魚介類の水揚げ量は震災前の8割以上回復していると言われています。しかし漁業者たちは、産業の衰退、人口減少、それに伴う担い手不足など、震災以降さらに深刻化している地域課題を抱えたまま、復興の道を進んでいます。この度募集する牡蠣のメンバーシップ制度「カキの環」では生産者と消費者をつなぎ合わせることで、交流人口を増やし、一次産業の活性化にも寄与します。

【カキの環の概要】
宮城県石巻市で牡蠣養殖をおこなう漁師6名のなかから、消費者が1名を選びます。今年12月までの間に募集したメンバーに対して、来年2月に収穫したむき牡蠣1kgを担当漁師から直送します。予約販売とは異なり、メンバーは牡蠣の成長過程をレポートで受け取ったり、生産現場を訪れるなど、生産者と直接つながることができることが特徴です。3期目となる今年度は「牡蠣の食べ比べ」と「牡蠣×日本酒」をテーマにしたリターンを準備し、より牡蠣を堪能していただく内容となっています。

【カキの環の7つの特典】
1.専任漁師を選ぶ権利
2.むき身1kgを受け取る権利(2019年2月発送)
3.オイスターバンクで、12月まで毎月貯まる殻牡蠣を受け取る権利(2019年2月発送)
4.メンバー限定の漁業体験プログラムに参加できる権利(2019年3月開催予定)
5.漁師との新年会「牡蠣を食べ日本酒を飲む会」に参加できる権利(2019年1月開催予定)
6.牡蠣の成長レポートを毎月受け取る権利
7.牡蠣のシーズンにメンバー価格でお得に牡蠣を購入する権利(2018年11月〜翌2月)

【商品内容】
・販売価格:11,800円(税込)
・内容:むき牡蠣1キロ(申込時期に応じて追加で殻牡蠣をプレゼント)
・申込方法:10月24日~11月27日までクラウドファンディンクMakuake内にて。それ以降12月末まではカキの環ホームページ内で募集いたします。
http://www.makuake.com/project/kakinowa03/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人ピースボートセンターいしのまき >
  3. どのMY漁師に私の牡蠣を託そう??宮城県石巻の漁師直送で送られてくる牡蠣大満喫のメンバーシップ制度「カキの環」、Makuakeで第3期メンバー募集開始