今の相場でも安定した利益!仮想通貨マイニング事業「MB farm」の提供をスタート。inモンゴル

日本とモンゴルの架け橋、相互進出支援・教育事業のPDAA MONGOL LLCを設立。マイニング事業

一般社団法人国際営業代行協会(通称PDAA/理事長:高橋 英樹 本社:東京都渋谷区)は、新しく立ち上げたモンゴルの現地法人PDAA MONGOL LLC(モンゴルウランバートル市)と、2018年9月1日より仮想通貨マイニングサービス「MB farm(モンゴル・ビットコイン・ファーム)」の提供を開始したことをお知らせします。

 

 

左:Woovooのebe社長 右:PDAA高橋英樹理事長左:Woovooのebe社長 右:PDAA高橋英樹理事長


【提供背景】


昨今の仮想通貨に関するニーズは、マイニングにおいても非常に高まりを見せており、様々な企業が事業参入しています。
弊社はモンゴル企業との連携により、日本とモンゴルの企業をつなぐ事業を行なっております。

日本進出やM&A、人材の確保から事業コンサルに至るまで幅広く行なって参りました。

通常は、現在のビットコインレートでのマイニングは利益が出しづらく、敬遠されがちですが、モンゴルで最大手のフィンテック企業であるWoovooのマイニングに関するシステムやサービスにおける日本の独占販売権を取得したことにより、安定的に利回りが出るように設計。さらに、モンゴルで大手の銀行であるTDB(モンゴル貿易開発銀行)、その他にもそうそうたる企業との提携により、現在のBITCOIN相場でのマイニングでもしっかりと利益が出るスキームの開発に成功しました。

 

マイニングファームの様子①マイニングファームの様子①

 

 


■MB farm 仮想通貨マイニングの詳細


PDAA MONGOL LLCが提供するMB farmは、マイニングにおけるメリットの大きいモンゴルで運用し、仮想通貨で最もメジャーなBTC(ビットコイン)を採掘します。

マイニングのサービスは他社でもリリースされていますが、当社の圧倒的強みは、現在のBTC相場で、すべての経費を差し引いた手残り後の計算で利益が出るよう設計されていることです。

現在マイニング事業は他のサービスも数多く存在しておりますが、手数料や管理料といった名目で、採掘した仮想通貨(円換算)よりも大きな金額が設定されているサービスがほとんどです。

これらは、2020年に向けたBTCの値上がりを想定しているので、確かにBTCの価格が上がりさえすれば利益を得られると言えるでしょう。

MBfarmでは、お客様の利益を最優先に考え、現状のBTC相場でも利益が出るように徹底的に経費を省き、最新の技術力で費用対効果を最大化するというシンプルな設計をしております。

 

マイニングファームの様子②マイニングファームの様子②

 


■提供内容

(1)マイニングマシンの販売、設置、運用・管理

(2)アプリケーションによる採掘量の見える化

(3)TDB(モンゴル貿易開発銀行)で、円・ドル・トゥグルグに交換が可能

■開始時期

購入後、当社にてマシンの仕入れ、設置・設定後、運用スタートになります
運用スタートまで通常購入後1~2ヶ月ほどかかります

■提供価格・費用

(1)初期費用:
  マシン1台17.4万円(税込) 10台セット単位での販売(174万円)

(2)管理費:
   毎月1,200円相当を採掘分よりいただきますが、オープンキャンペーンのため、半年間は管理費無料です。
  (キャンペーン終了時期は未定)

   運用手数料:採掘分の12%

(3)修理等:実費の請求あり

(4)オプション:保守制度あり

【問い合わせ】
「日本窓口」一般社団法人国際営業代行協会
 URL:https://pdaa.or.jp/
メール:info@pdaa.or.jp
 電話:03−6452−6058

  1. プレスリリース >
  2. PDAA >
  3. 今の相場でも安定した利益!仮想通貨マイニング事業「MB farm」の提供をスタート。inモンゴル