モバイルレジェンドを含むe-sportsが初めて東南アジア競技大会の正式種目として参入

来年フィリピンで開催される「東南アジア競技大会(SEA Games)」の正式種目として対戦型ゲームが参入することが公表された。

この声明はフィリピンのパサイ市で、「フィリピン東南アジア競技大会組織委員会(PhilSGOC)」会長でもありフィリピン外務大臣でもある、Alan Peter Cayetano氏によって発表された。
Cayetano氏はこう語っている。「Razer社をパートナーとして、SEAにE-sportsが参加することにとても感激していると共に誇りに思う。」
「ゲーマーの方々は我々のコミュニティの中でとても重要な部分である。」

PhilSGOCと「フィリピンオリンピック委員会」はゲーミングハードウェアを展開するRazer社とパートナーシップを組んでおり、フィリピンのE-sports選手の更なる露出をサポートする。また、このパートナーシップが、伝統的に隔年行われているイベント内において、E-sportsが正式種目として認知されることを手助けするであろう。

Razer社CSOのLimeng Lee氏はこう述べている。「この施策で東南アジア内の熱狂的なE-sports選手たちを国際舞台に立たせることができる。」

SEAのE-sportsは「Asian Electronic Sports Federation」によって認定されている。

3つの異なるゲーミングプラットフォームに6つの金メダルが授与される。内訳としては、ゲームコンソールに2つ、PCに2つ、そしてモバイルに2つである。また、タイトル毎に予選トーナメントが行われる。

オンラインマルチプレイヤーアリーナバトルゲームの「モバイルレジェンド」のみ競技タイトルの一つとして確定している。他のゲームタイトルについては12月15日までに確定する予定。

Cayetano氏によると「TV5」が東南アジア競技大会の放映権獲得に向けて交渉している。

Cayetano氏はこう語る「TV5は2019年の東南アジア競技大会で重要な役割を果たすであろう。」

TV5CEOのVincent “Chot” Reyes氏は今後も継続的にE-sportsをサポートすると付け加えている。

「我々はしばらくE-sportsをサポートしてきた。TV5で「League of Legends」の世界大会を早くも2015年から放送している」

E-sportsはデモスポーツとして、2018年アジア競技大会に参入している。

原文引用元
http://tv5.espn.com/story/_/id/25396582
  1. プレスリリース >
  2. Shanghai Moonton Technology Co., Ltd. >
  3. モバイルレジェンドを含むe-sportsが初めて東南アジア競技大会の正式種目として参入