「会員制捜索ヘリサービス:ココヘリ」が捜索範囲を海へ拡大。海上保安庁への正式導入に向けた、合同実証実験を実施。

AUTHENTIC JAPAN株式会社が運営する、「会員制捜索ヘリサービス:ココヘリ」

捜索エリアを海へ拡大するにあたり、海上保安庁へ「捜索用の専用受信機」正式導入に向けた合同実証実験(性能試験)を行います。

 


1:実施日時
     平成30年12月17日(月)午前9時30分~12時00分(2時間程度)
     平成30年12月18日(火)午前9時30分~12時00分(2時間程度)予備日

2:実施場所
     福岡県福岡市能古島西側海域

3:訓練参加機関
(1)福岡県漁業協同組合連合会
(2)海上保安庁
イ:第七管区海上保安本部
ロ:福岡海上保安部
ハ:福岡海上保安部所属巡視船らいざん
ニ:福岡航空基地所属航空機
(3)AUTHENTIC JAPAN 株式会社

4:お問い合わせ
下記のメールアドレスまでお願いいたします。

~「会員制捜索ヘリサービス:ココヘリ」とは~
年会費3,650円(税別)。
遭難者をヘリコプターで捜索、位置を特定し、正確な位置情報を救助組織へ引き継ぐサービス。
現在入会している登山者数は全国で約2万人。
提携のヘリネットワークで全国の山域は全てカバー。
全国29都道県の警察・消防航空隊にも受信機を配備済。
今年は4件の遭難者発見実績あり。

2018年、筑前海区の漁業者を対象に、福岡県漁業協同組合連合会がココヘリを導入。
日本全国の海へ、捜索範囲の拡大を開始。

https://hitococo.com/cocoheli/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. AUTHENTIC JAPAN株式会社 >
  3. 「会員制捜索ヘリサービス:ココヘリ」が捜索範囲を海へ拡大。海上保安庁への正式導入に向けた、合同実証実験を実施。