大手町プレイス地下2階にアートによる街づくりの実験空間「OTEMACHI ART LABORATORIES powered by GEIDAI COI」を、2019年4月4日(木)オープン

東京藝術大学×NTT都市開発 オープンング記念「甦るべき明治~維新を支えた下絵の世界~」高岡銅器下絵&クローン文化財展示イベントを開催!

東京藝術大学COI拠点文化外交・アートビジネスグループは、NTT都市開発株式会社( 本社:東京都千代田区、代表取締役社長 中川 裕)とともに、「アート×ICT」を体験できるスペース「OTEMACHI ART LABORATORIES powered by GEIDAI COI – “ART LIVE! – 創造する都市(まち)”」を4月4日(木)にオープンいたします。
「OTEMACHI ART LABORATORIES」は、大手町プレイス地下2階に2019年4月~2019年12月末まで期間限定でオープンする「OTEMCHI PLACE Lab」の中の1つの空間で、「“ART LIVE!- 創造する都市(まち)」をコンセプトに、期間中3つの「期間限定のアート×ICT体験スペース」を提供いたします。その第1弾として、ピーテル・ブリューテルの名画「バベルの塔」の謎に迫る「バベルの謎-アートデータサイエンスの創造-」を開催。螺旋状の空間の中で、「バベルの塔」の3D映像「Study of BABEL」をはじめとした視覚と音の空間体験をお楽しみいただけます。また、オープンを記念し、大手町プレイス2階カンファレンスセンター前ロビーにて「甦るべき明治~維新を支えた下絵の世界~」高岡銅器下絵&クローン文化財展示イベントを開催いたします。明治期の絵師たちが製作した下絵や、現代テクノロジーと職人により製作された明治期の再現モデルを展示、時を超えたアートに触れていただけます。

今後も、「 OTEMACHI ART LABORATORIES」では来街者の方々の創造力や構想力を刺激し、「知性と感性」を養う機会を提供いたしますのでご期待ください。


■ 名  称:ART Lab powered by GEIDAI COI  “ART LIVE!- 創造する都市(まち)
■ 開催期間:2019年4月~12月
■ 場  所:大手町プレイス・ウエストタワー地下2階「Otemachi PLACE Lab」内
      (千代田区大手町2丁目3-1)
  • ART Lab powered by GEIDAI COIについて
「ART Lab powered by GEIDAI COI」は、東京藝術大学とNTT都市開発が、「“ART LIVE!- 創造する都市(まち)」をコンセプトに提供する「期間限定のアート×ICT体験スペース」です。

第1弾の体験として、4月4日(木)からは「バベルの謎-アートデータサイエンスの創造-」と題し、ピーテル・ブリューゲルの名画「バベルの塔」の謎をインターネットを駆使して迫ります。東京藝術大学COI拠点で制作された「バベルの塔」の3D映像「Study of BABEL」を螺旋状の空間に投影。「バベルの塔」に集結されている人類の智慧を視覚化し、世界有数の名画にまつわる情報の海を泳ぐような芸術の奥深い一面を味わえる空間体験をお楽しみいただけます。

また、期間を通じて3つの体験の提供を予定しております。2019年7月頃に第2弾、10月頃に第3弾を予定しております。自由な発想と技術を生かした斬新な企画を検討しておりますので、今後もご期待ください。

■ 名  称:第1期企画「バベルの謎 –アートデータサイエンスの創造-」
■ 開催期間:2019年4月4日(木)~6月28日(金)
■ 時  間:11:00〜20:00
■ 場  所:大手町プレイス・ウエストタワー地下2階 「Otemachi PLACE Lab」内


■ディレクター、キュレーター 伊東 順二(東京藝術大学社会連携センター特任教授)コメント

企画、構成、演出 伊東 順二企画、構成、演出 伊東 順二


江戸時代から明治、大正、昭和、平成にかけて日本の文化、経済の中心地である大手町、神田、日本橋地域に、その現代的融合を図るために建設された大手町プレイスはその両分野に置いて新しい時代における革新的な姿を見せる役割を負っているといっても過言ではない。

そして今、日本経済の大きなベクトルとドライブが文化経済志向にシフトする中、私たちは今後の社会の大きなモチベーションセッターだと期待されるアートの表現、技術、材料、資源などを総合的にパラダイムシフト実験をすべくここに大手町アートラボラトリーをNTT都市開発と共に設立し、未来の街の創造的基盤づくりを推進して行きたいと思う次第である。
 
  • オープンング記念「甦るべき明治~維新を支えた下絵の世界~」高岡銅器下絵展示イベントについて
「ART Lab powered by GEIDAI COI」のオープンを記念し、大手町プレイス2階カンファレンスセンター前ロビーにて展示イベント「甦るべき明治~維新を支えた下絵の世界~」高岡銅器下絵展示イベントを開催いたします。

高山市立博物館の資料室で発見された「明治期の絵師たちが製作した下絵」「現代テクノロジーと職人により製作された明治期の再現モデル」を同時に展示。展示物の1つである高岡銅器の作品の下絵は、作品細部の技法・材質・色などの細かい指示が記された「設計図」で、なかには絵画作品として優れたものもありますのでご期待ください。明治期から現代に蘇る時を超えたアートに触れお楽しみください。


■ 名     称 :「甦るべき明治 ~維新を支えた下絵の世界~」高岡銅器下絵&クローン文化財展示イベント
■ 開 催 日 時 :2019年4月4日(木)~4月12日(金) 10:00〜19:00  観覧無料
■ 会     場 :大手町プレイス2F カンファレンスセンター前ロビー
■ 主     催 :東京藝大 COI 拠点文化外交・アートビジネスグループ
■ 協     力 :高岡市、高岡市立博物館、伊東順二事務所
■ 協     賛 :NTT都市開発株式会社
■ 企画、構成、演出:伊東 順二(東京藝術大学社会連携センター 特任教授)
■ 学 芸 協 力 :高岡市立博物館
■ 監     修 :原田 一敏(東京藝術大学社会連携センター 客員教授)
           相原 健作(東京藝術大学社会連携センター 特任研究員)
           仁ヶ竹 亮介(高岡市立博物館 主査学芸員)


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京藝術大学 >
  3. 大手町プレイス地下2階にアートによる街づくりの実験空間「OTEMACHI ART LABORATORIES powered by GEIDAI COI」を、2019年4月4日(木)オープン