Taniから植物で染めたMade in Japanのサスティナブル型ラウンジウェアが登場

Taniはこのエコフレンドリーな素材を使用したGreenコレクションを皮切りに、日本のモノづくりを守る取り組みを本格的にスタートしました。

香港のインナーとラウンジウェア・ブランドのTaniは、このGreenコレクションにエコロジカルで吸水速乾にも優れたTENCEL™素材を使用し、植物染め、裁断、縫製を日本の工場で行いました。天然素材の生地と植物染で作られたものを身に纏うことで、より自然を身近に感じ、癒やされるコレクションが完成しました。このGreen コレクションの発売を記念してPOP-UPストアを順次開催します。
Greenコレクションは、柔らかく上質な素材感のタンクトップやTシャツ、スウェットパンツなどで構成され、春夏のルームウェアやフィットネスウェアに最適なアイテムを取り揃えています。

生地にユーカリの木を原料としたTENCEL™を使用。製造にクローズド・ループ・システム(生産時に排出された水や化学薬品をリサイクルする完全循環型)を採用した、水・化学薬品・エネルギーの使用量が低いサステイナブルな素材です。また、生地に伸縮性をもたせるために加えられているポリウレタンには、エコフレンドリーなリサイクルファイバーを使用しています。
コレクションに使われているグリーンの染色にはガーデニア(クチナシ)、グレーはマローブラック(タチアオイ)が染料として使われています。どちらもTaniのために特別に配合されたカラーで、より鮮やかな発色が魅力です。新内外綿株式会社によるこのボタニカルダイの技術は、乾燥保存した植物から抽出した色素が使われ、自然の植物がもつ生命力溢れる美しい色合いが特徴です。
Greenコレクションの発売を記念して、下記の百貨店でPOP-UPストアを開催します。
●4月24日(水)~5月7日(火) 伊勢丹新宿本店メンズ館
地下1階 紳士肌着・ナイトウエア・ルームウエア・靴下売り場
●4月24日(水)~5月7日(火) 阪急メンズ東京
地下1階 アンダーウェア、ホームウェア、ナイトウェア売り場
●4月24日(水)~5月7日(火) 阪急メンズ大阪
地下1階 アンダーウェア売り場
● 5月8日(水)~5月21日(火) 阪急うめだ本店
3階 婦人肌着「メゾン・ド・ランジェリー」売り場
●5月8日(水)~5月21日(火) 横浜タカシマヤ
6階 紳士肌着・靴下・ナイトウェア売り場 

Taniについて
世界的ラグジュアリーブランドのアンダーウェアやルームウェアなどのデザイン・製造を30年以上行っている、香港のTanitex Industries Limitedのプライベートブランドとして1998年に誕生。タイムレスなデザインときめ細やかな縫製によるプロダクトの「快適さ」、世界中から集めた最高品質の素材と最新の技術による「革新」、ハイクオリティーかつ再生可能な素材を原料とし耐久性のあるアイテムを製造する「サステイナビリティーへの配慮」という3つの理念を掲げています。現在、Taniのコレクションは、日本、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、シンガポール、台湾、中東の百貨店やセレクトショップで販売されています。
https://tanicomfort.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社TANI JAPAN >
  3. Taniから植物で染めたMade in Japanのサスティナブル型ラウンジウェアが登場