トレーディングビューを使い、サクソバンク証券口座でFX取引が可能に!

世界800万人以上の投資家に利用されるトレード分析・取引・SNS機能を提供するTradingView Inc.(トレーディングビュー、https://jp.tradingview.com 、本社:アメリカ合衆国、CEO:デニス・グローバ)はサクソバンク証券(代表取締役社長 伊澤フランシスコ、本社Saxo Bank A/S デンマーク、コペンハーゲン)と提携し、2019年5月27日よりサクソバンク証券口座の口座開設者に対し、トレーディングビュー上でFX取引ができる新サービスをリリースしました。
サクソバンク証券の口座開設者はFXレート・取引機能が追加されたことにより情報収集、分析そしてトレードまでを一貫して行えるプロトレーダー並みのツールを無料で手に入れることとが可能となりました。
 

TradingViewは世界中の指数、先物、国債や仮想通貨の公式データをデスクトップ、スマホ、タブレットなどのあらゆるプラットフォームでモニターすることができる上、100種類以上のテクニカル指標、使いやすさを追求した描画ツールなどにより投資家の皆さまに最高の分析環境を提供いたします。 これにより、ご使用の複数のプラットフォームでシームレスに情報の収集・分析をすることが可能となります。 また、この度サクソバンク証券のFX取引機能が追加されたことで、情報の収集から分析そして取引までを一貫して行えるプロトレーダー並みの環境を一般の投資家の皆様にご提供することができることとなりました。
 


取引ツールでは、自分のポジションおよび注文が視覚的にすぐ把握できるようになっており、更には直感的なマウスによる操作での注文変更可能となっております。これらの機能は従来インストールが必要となっておりましたが、、トレーディングビューではインストール不要でご覧いただけます。 
 

 



スマートフォン、およびタブレットからのアクセスについても、特別なソフトをインストールする必要がございません。(https://jp.tradingview.com/chart/)トレーディングビューは非常に簡単に相場の分析や取引の執行を実現させました。


 サクソグループでは日本におけるトレーディングビューのリリースを皮切りに、グループ全体のリリースを段階的に進めて参ります。 更にはトレーディングビューおよびSAXOグループ共同開発により、6000銘柄以上を取り扱うサクソバンクのCFDのご提供で進め、ますます利便性を高めて参る所存です。


トレーディングビューからのお取引には、サクソバンク証券口座が必要となります。詳細はサクソバンク証券ページにてご確認ください。
https://www.home.saxo/ja-jp/campaigns/tradingview




【トレーディングビューについて】
株・FX・仮想通貨・先物の分析・取引に使える高機能チャート、SNS、マーケット情報を兼ね備えたオンラインサービスを個人投資家向けに提供。月間アクティブユーザーは世界で800万人を超え、日本語を含む20以上の言語で世界中に展開をしている。

法人向けパートナーシップ、協業に関する連絡先: japan@tradingview.com Twitter:https://twitter.com/jp_tradingview



【サクソバンク証券について】
社名:サクソバンク証券株式会社
代表取締役社長:伊澤フランシスコ
本社:Saxo Bank A/S デンマーク、コペンハーゲン
第一種金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第239号
商品先物取引業者 農林水産省 指令22総合第1352号
経済産業省 平成22・12・22商第6号
所在地 :〒105-0001  東京都港区虎ノ門1-2-8  虎ノ門琴平タワー22F
加入団体: 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、
日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会
URL:http://www.home.saxo/jp

 
  1. プレスリリース >
  2. TradingView Inc. >
  3. トレーディングビューを使い、サクソバンク証券口座でFX取引が可能に!