香川県高松市における太陽光発電所着工のお知らせ

株式会社ミナトマネジメントがファンド事業として開発・投資中の香川県高松市に所在「エネパーク高松発電所」がこのたび着工いたしました。ミナトマネジメントにとっては、初の四国エリア案件となります。

株式会社ミナトマネジメント(本社:東京都港区虎ノ門1-1-12 代表取締役:倉本達人)は、ファンド事業として開発・投資中の香川県高松市に所在する「エネパーク高松発電所」が着工いたしましたので、お知らせいたします。

本事業の開発はミナトマネジメント及び朝日I&Rエナジー株式会社(本社:佐賀県武雄市朝日町大字甘久3589-2 代表取締役:野畑吉治 以下「朝日I&R社」)が共同で実施し、朝日I&R社グループとミナトマネジメントの共同投資にて進められているプロジェクトです。EPC(設計・調達・建設)はオムロン フィールドエンジニアリング株式会社(本社:東京都目黒区三田1-6-21 代表取締役:四方克弘)が担当いたします。
ミナトマネジメントは太陽光発電事業への投資を通じて地域経済の振興と再生可能エネルギーのさらなる拡大と両立を図ります。また、今後も、地元関係者との協力による地域経済に根ざした持続可能な社会インフラの構築を目指してまいります。

【事業概要】
発電所名:エネパーク高松発電所
発電所所在地:香川県高松市塩江町
事業開発:株式会社ミナトマネジメント、朝日I&Rエナジー株式会社(https://asahi-iandr.jp/asahi_energy/
EPC:オムロン フィールドエンジニアリング株式会社(https://www.omron-fe.co.jp/
発電所面積:約58,000平方メートル
発電出力(モジュール容量):1.49MW
想定年間発電量:約189万kWh/年(一般家庭約390世帯分の年間電力消費量に相当)
着工日:2019年1月20日
運転開始予定:2019年3月
(注1)太陽光発電協会表示ガイドライン(平成29年度)より、一般家庭の平均年間電力消費量を4,789kWhとして試算。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ミナトマネジメント >
  3. 香川県高松市における太陽光発電所着工のお知らせ