東京理科大学発ベンチャー イノフィスが8億円超の増資を実施

~国内外からの投資を受け、「マッスルスーツ®」の普及促進へ~

作業支援型のウェアラブルロボット「マッスルスーツ®」を提供する東京理科大学発ベンチャー、㈱イノフィスが増資を実施。国内に加えて、香港や台湾からの投資も受け、8億円を超える資金の調達に至りました。マッスルスーツ拡大に大きく歩みを進めます。
 東京理科大学発ベンチャーの株式会社イノフィス(代表:古川 尚史、東京都新宿区)は、製品の普及促進を目指し、第三種割当方式による増資を行い、香港のShun Hing グループ、台湾のJOCHU社のほか、国内投資家のNECキャピタルソリューションおよびベンチャーラボインベストメント(※)、東京理科大学インベストメント・マネジメント、SMBCベンチャーキャピタル、三生キャピタルなど計9者を割当先として、2019年1月31日をもって、総額8億640万円の資金調達を完了しました。
 当社では、「生きている限り自立した生活を実現する」を理念に掲げ、人の動作を助ける装置の開発に取り組み、“マッスルスーツ®”をはじめとする装着型の作業支援ロボットの販売を行っています。
今回の増資により、新製品の開発投資やさらなる販促活動の実施に加えて、香港や台湾の企業とパートナーシップを組んで海外展開への大きな一歩を踏み出します。
 これからますます進む少子高齢化社会において、より多くの方が生涯にわたって活躍し続けられるよう、人によりそった製品の開発、提供に努めてまいります。
 
※NECキャピタルソリューション社とベンチャーラボインベストメント社は共同での出資となります。
 
《株式会社イノフィスについて》
・設立:2013年12月27日
・本社所在地:東京都新宿区神楽坂4-2-2 東京理科大学 森戸記念館3階
・資本金: 14億1,190万円 (2019年1月31日現在。資本準備金を含む)
・創業者:小林 宏(東京理科大学工学部機械工学科 教授)
・代表者:代表取締役社長 古川 尚史 
・HP:https://innophys.jp/

《マッスルスーツ®について》
 空気圧で稼働する人工筋肉のはたらきで装着者の動作を補助し、作業時の身体負担を軽減させる装着型ロボットです。腰部の補助に特化しており、人を抱え上げる、重い物を持ち上げる、中腰姿勢を保つ、といった作業時に効果を発揮します。
 介護福祉サービス、製造業、物流業、建設業、農業など、さまざまな業種で導入され、腰痛発生の予防、労働環境改善や人手不足対策に貢献しています。2014年に販売を開始し、現在3モデルを取扱っており、2019年1月現在の累計出荷台数は約3,800台以上。また、2018年10月には、腰部に加えて腕の動きもアシストする“マッスルアッパー”(商標出願中)の販売を開始。大掛かりな設備を要さずに、重量物の取扱いを可能にします。
 

マッスルスーツマッスルスーツ

マッスルアッパーマッスルアッパー

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社イノフィス >
  3. 東京理科大学発ベンチャー イノフィスが8億円超の増資を実施