LIVOX TECHはTECHNO-FRONTIER 2019「センシング技術展」に出展します

LIVOX TECH株式会社は、4月17日−19日に幕張メッセで開催されるメカトロニクス、エレクトロニクスに焦点をあてた"アジア最大級の専門技術展" TECHNO-FRONTIER 2019の「センシング技術展」に出展し、製品展示、デモンストレーションを行います。ブースNo. 5D-26へぜひお立ち寄りください。
Livox(ライヴォックス)は、ドローン世界最大手DJIの出資を受け、独自の非反復走査パターンによる高精度・高品質のLiDAR製品(測域センサー)を開発し、大量生産により低価格でのご提供を実現しました。Livoxの製品を利用して、各種の試験的プロジェクトへLiDARセンサーをご活用いただいたり、マスプロダクションにおいても容易に導入いただくことが可能です。
すべてのLivoxセンサー は、IEC 60825-1:2014(クラス1、眼部に対する安全性要求)に完全準拠しています。

弊社ブースでは、下記製品を展示いたします。

Mid-40/Mid-100[販売中]


検知距離、視野角、本体サイズのバランスが取れたLivoxのスタンダードモデル。Mid-100はMid-40 3台を並列に搭載したモデルです。
検知範囲:260 m @反射率80%
FOV(視野角):38.4° 円形(Mid-40)  /98.4°(水平) × 38.4° (垂直) (Mid-100)
データ率:100,000 点/秒(Mid-40)/300,000 点/秒(Mid-100)

Horizon


より広域なFOV(視野角)を提供し、広範囲な検知が可能です。
検知範囲:260 m @反射率80%
FOV(視野角):81.7° (水平) × 25.1° (垂直)
データ率:240,000 点/秒

Tele-15


最大検知距離500m。より遠く、早くターゲットを検知することが可能です。
検知範囲:500 m @反射率80%
FOV (視野角):15° (円形)
データ率:240,000点/秒

Livox Hub


高精度な時間軸の同期に対応し、最大9台のLiDARセンサー(測域センサ−)にアクセスでき、すべてのLiDARポイントデータを1つの出力に統合します。
毎秒最大2700kまでの点群データに対応 
Livox SDKと併用した場合、開発効率が向上します。


TECHNO-FRONTIER 2019「センシング技術展」
https://www.jma.or.jp/tf/outline/sensing.html
LIVOX TECH株式会社
ブースNo. 5D-26
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LIVOX TECH株式会社 >
  3. LIVOX TECHはTECHNO-FRONTIER 2019「センシング技術展」に出展します