環状道路で高速バスをもっと便利に!~圏央道を活用した高速バス乗り換え社会実験を実施します~

高速道路ネットワークの進展を踏まえ、サービスエリア等で高速バスの乗り換え環境を整備することにより、利用者の行き先の選択肢の拡大や時間短縮が図られ、観光振興など地域活性化への効果が期待されます。
こうした高速サービスエリアを活用した乗り換えサービスの普及を促進するため、関越道高坂SAにおいて、長野と成田空港間の高速バス利用を都心(バスタ新宿)経由から、圏央道経由に乗り換える社会実験を3月20日(水)まで実施中です。

 

実験概要

1.実験期間:平成31年2月21日(木)~3月20日(水)(約1ヶ月間)

2.対象バス路線:長野 ⇒ 新宿便 (アルピコ交通・京王電鉄バス)の7便

  ※高坂SAにて、前橋⇒成田空港便(関越交通・千葉交通)に乗り換え

3.乗り換え環境:ETC2.0データを活用したバスロケーションシステムにより、
  SA内に設置したデジタルサイネージ及び専用アプリから、逐次乗り換え便の接近状況を確認できます。

4.期待される効果:長野駅⇒成田空港間の移動時間について、圏央道経由ルートを利用することで、
  都心(バスタ新宿)経由と比較し、平均約30分程度※の時間短縮を見込んでいます。

  ※バス事業者が設定する時刻表に基づいた想定

5.ご利用にあたって:本社会実験の長野~成田空港間(圏央道経由ルート)のバスをご利用される方は
  以下の「高速バス乗り換え社会実験特設サイト:http://bus-norikae.jpn.org/」により、1月21日(月)
  からご予約いただけます。        

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 高速バス乗り換え社会実験事務局 >
  3. 環状道路で高速バスをもっと便利に!~圏央道を活用した高速バス乗り換え社会実験を実施します~