松竹が手がける「伝統と革新」をテーマにした新時代のお祭り 南座新開場記念 「京都ミライマツリ2019」 Supported by SUNTORY 製作発表会見が行われました!

片岡愛之助がきゃりーぱみゅぱみゅに歌舞伎指導!?

 この度松竹株式会社は、日本最古の歴史を持つ劇場であり、昨年11月に新開場した京都・南座において、“伝統”と“革新”をテーマにした新時代のお祭り『京都ミライマツリ2019 』を、4月30日(火)から5月25日(土)の期間にて開催いたします。これに先立ち3月26日(火)に本イベントの製作発表会見を実施いたしました。前半は、主催者を代表して松竹株式会社 迫本淳一より挨拶、取締役副社長 安孫子正よりイベント全体概要のプレゼンテーションを行いました。後半にはスペシャルゲストとして、片岡愛之助ときゃりーぱみゅぱみゅが出席し、トークセッションを行いました。
 『京都ミライマツリ2019』は2つのイベントから構成されます。4月30から5月5日の期間を「音マツリ– OTOMATSUR I -」と、5月12日から5月25日の期間を 「昼マツリ– HIRUMATSUR I - /夜マツリ– YORUMATSUR I -」として、南座の新機構「客席フルフラット化」を活用し、昼と夜で演出の異なるお祭りを創りあげます。
  会見には「音マツリ」にて、平成最後の日に、1日限りの歌舞伎とコラボしたスペシャルライブ(音ノ国ライブツアー2019 第二弾)を行うきゃりーぱみゅぱみゅと、「昼マツリ 」に史上初のAR(拡張現実)歌舞伎に映像出演する片岡愛之助の二名が登場。京都の夏の風物詩『床(ゆか)』を再現し、お二人にいち早く「京都ミライマツリ」の一部を体験頂きました。

©松竹©松竹

©松竹©松竹

 実際に会場に作られたセットに登場した二人のトークセッションの様子をご紹介いたします。

 片岡愛之助「歌舞伎×AR体験では、石川五右衛門の役で出演させていただいており、専用のゴーグルをかけると、南座のどこかに出現するので、是非探してみてください。」

 きゃりーぱみゅぱみゅ「まだこのライブをすることを知らないときに、京都を訪れて『南座でライブをやりたい!』とマネージャーさんに伝えたら、『やりますよ』と言われてとても興奮しました。平成を生きてきた一人として、平成最後の日に、みんなで伝説を残せるよう頑張りたいと思います。」

 ライブに歌舞伎の演出を取り入れたい、というきゃりーぱみゅぱみゅに、愛之助から数種類の「見得」を伝授。披露するきゃりーぱみゅぱみゅに「マスターされるの早いですね」と太鼓判。きゃりーぱみゅぱみゅは「曲の中で決めポーズができる箇所がいくつかあるので、是非取り入れてやってみたいと思います。」と意気込みを語った。

 トークの終盤には、当日出店が予定される店舗を代表して、MAVO(マヴォ)様より「鮎の抹茶入りクレープ包み」と、LUDENS(ルーデンス)様より「マカロン3種」と「牛ステーキミライマツリ風」、京都かめよし様より「ポップコーン」をお二人に提供。サントリーの「プレミアムモルツ」と共に、ミライマツリならではの飲食体験をイメージさせる体験が催され、きゃりーぱみゅぱみゅは「めっちゃくちゃ美味しくて、お店でしか食べられない料理だと思うので、気軽に食べられるのは嬉しいですよね。」とご満悦の様子だった。

 片岡愛之助「南座がまた新たなことに挑戦しようとしています。歌舞伎というものを敷居が高いと思われている方にも、気軽に行ってみようと思えるイベントが目白押しなので、是非お待ちしております。」

 きゃりーぱみゅぱみゅ「愛之助さんに控室でいろいろと歌舞伎について教えて頂きました。『きゃりーちゃんかぶいてるな』と思っていただけるようなライブにしたいと思っています。」

 南座が新機構「客席フルフラット化」を初披露する本公演。今までにない企画が目白押しの内容に、期待感が膨らむ一幕となりました。

●登壇者プロフィール
片岡愛之助(かたおかあいのすけ)

歌舞伎俳優。屋号は松嶋屋。1981年十三世片岡仁左衛門の部屋子となり、南座『勧進帳』の太刀持で片岡千代丸を名のり初舞台。1992年片岡秀太郎の養子となり、中座『勧進帳』の駿河次郎ほかで六代目として片岡愛之助を襲名。2008年三代目楳茂都扇性(うめもとせんしょう)を襲名し、上方舞楳茂都流四代目家元を継承。2013年TBSドラマ「半沢直樹」で黒崎駿一役を演じて注目を浴び、近年は連続テレビ小説「まんぷく」(NHK/2018~2019年)や舞台「酒と涙とジキルとハイド」(2014、18年)、映画「七つの会議」(2019年)出演など、多彩なジャンルで活躍する。

きゃりーぱみゅぱみゅ

2011年に、中田ヤスタカプロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」でメジャーデビュー。2018年には4度目のワールドツアーを開催し、フォースアルバム「じゃぱみゅ」をリリース。そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、今、全世界から注目を集める。

●南座新開場記念「京都ミライマツリ2019」Supported by SUNTORY
■前半(4/30~5/5)「音マツリ – OTOMATSUR I -」
 南座新開場後初のライブフェスを開催。平成から新元号へと移り行く時代の節目に、日替わりで新時代を牽引する南座初出演のアーティストたちが登場し、歴史ある檜舞台でライブフェスを実施します。

■後半(5/12~5/25) 「昼マツリ – HIRUMATSUR I - / 夜マツリ – YORUMATSUR I - 」
 昨年11月に新開場した南座の新機構「客席フルフラット化」を活用し、昼と夜で演出の異なるお祭りを創りあげます。

「昼マツリ – HIRUMATSUR I –」場内イメージ図 「昼マツリ – HIRUMATSUR I –」場内イメージ図

「夜マツリ – YORUMATSURII –」場内イメージ図 「夜マツリ – YORUMATSURII –」場内イメージ図


このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 松竹株式会社 >
  3. 松竹が手がける「伝統と革新」をテーマにした新時代のお祭り 南座新開場記念 「京都ミライマツリ2019」 Supported by SUNTORY 製作発表会見が行われました!