暗号資産に『投機性』ではなく『価値交換媒体』としての価値を可視化。

暗号通貨に『投機性』ではなく『価値交換媒体』としての価値を可視化

株式会社gamu、法人として暗号資産(仮想通貨)を基軸とした古物商事業の検討を本格開始。

 

2019年8月31日、株式会社gamu(代表取締役社長:杉田翔栄)は、法人として暗号資産(仮想通貨)を基軸とした古物商事業の検討を開始致しました。

 

暗号通貨の"金融商品としての投機性"ではなく、"市場での価値交換媒体性"を可視化可能にし、投機目的ではない平等な価値交換が行われる社会を目指します。

 

具体的な事業、サービス内容につきましては決定次第、発表の予定です。


 

 

●事業の目的

  • 未上場仮想通貨の"価値交換媒体性"の可視化及び担保
  • 暗号通貨を基軸とした平等な商業プラットフォームの提供
  • 仮想通貨の流動性の向上



【会社概要】

会社名:株式会社gamu
所在地:東京都文京区目白台1丁目21番2号
代表者:杉田翔栄
設立:2019年2月13日

お問い合わせ:staff@gamu.biz
事業内容:暗号資産取扱古物商、ITに関する商品・サービス等の企画・開発・運営




【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社gamu
広報担当 黒田遼河
e-mail:staff@gamu.biz
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社gamu >
  3. 暗号資産に『投機性』ではなく『価値交換媒体』としての価値を可視化。