七代先まで持続可能な社会をつくるスポーツエンタメカンパニー「SeventhGenerationProject」が滋賀で本格始動  

事業第1弾は3人制バスケットボール「3×3(スリーバイスリー)」で「ライフスキル」を養うスクール「SG-Academy」

株式会社SeventhGenerationProjectは、2018年12月21日(バスケットボールの日)に設立しました。 今シーズンから、滋賀県を拠点とする3人制バスケットボールのプロリーグチーム「NINJA AIRS.EXE」の共同クラブオーナーとなり、バスケットボールを軸に各種事業を展開します。事業の第1弾として、「ライフスキル」を養うバスケットボールスクール「SG-Academy」を5月7日より本格的に開始します。


■SeventhGenerationProjectについて
 まちなかでも気軽にも本格的にも楽しめる魅力的な「都市型スポーツ」を軸に、滋賀の近江商人にルーツがある「三方良し(売り手よし・買い手よし・世間よし)」な社会を作るために発足しました。
 社名にある”Seventh Generation“は、共同代表の山元が感銘を受けた「七世代先までを考えて意思決定をすべし」というネイティブ・アメリカンのイロコイ族の教えに由来します。昨今、「SDGs」が世界的なトピックとなっているように、持続可能な社会をめぐる危機は深刻さを増しています。しかし、特に国内においては一部の高感度層のみの関心にとどまっている現状です。そこで、この社会課題に対しエンターテインメントを通じて多くの人が参加できるようにバスケットボールを接点に選びました。

3人制バスケットボール「3×3(スリーバイスリー)」のポテンシャル
 バスケットボールの競技者人口は全世界で約4.5億人と、2位のサッカー(約2.6億人)に大きく差をつけ世界ナンバーワン(出典:FIBA/FIFA)。国内にかぎっても約63万人と、約96万人のサッカーに次いで2番目に多い競技人口です(出典:JFA/JBA)。老若男女を問わず気軽に楽しめる競技特性が多数の競技人口の要因とも言われています。
 事業の軸とした3人制バスケットボール「3x3」は、5人制バスケットボールよりも試合に必要なプレイヤー数が少なく、より普及しやすいポテンシャルを秘めています。東京五輪の正式種目として男女ともに日本代表の出場が決定しており、今後さらなる人気の高まりが期待されます。
 当社が共同オーナーとなった「NINJA AIRS.EXE」は、世界初の3x3プロリーグ「3x3.EXE PREMIER」に2018年から参入した滋賀県唯一のプロチームです。「3x3.EXE PREMIER」は駅前やショッピングモールなど、各都市の象徴的な会場で開催されます。会場ではDJが音楽を響かせ、試合間インターバルにはチアリーダーがパフォーマンスを披露するなど、 エンターテインメント性の高さが特徴です。


事業第1弾「SG-Academy」について


 「NINJA AIRS.EXE」の資産を活かし、滋賀県大津市内3ヶ所で3x3スクール「SG- Academy」を5月7日に開講します。現在、体験会を開催しながらスクール生を募集しています。当スクールの特徴は、従来のスポーツスクールと一線を画するプログラムです。「競技スキル」だけでなく「ライフスキル(時代や社会を生き抜く力)」も修練できるよう、NPO法人SALA SUSU(代表理事:青木健太)と共同開発しました。
 SALASUSUは「ライフスキル教育がどんな人にも分け隔てなく提供され、ワクワクと前向きに生きる人を増やす」をミッションに、カンボジアで現地の働き手に10年間にわたり人材育成事業を実施してきた実績があります。その教育プログラムの質は現地の企業や政府にも認められ、様々な職場や職業訓練所で取り入れられています。そこで培った知見をもとに、自立した生活・就職に必要な基礎的な能力を身に着けるアクティブラーニングの要素を本スクールのプログラムに取り入れています。
 2020年には、幼稚園から高等学校の学習指導要領が大きく改訂される戦後最大ともいわれる教育改革が始まります。自ら考え、表現し、判断する「生きる力」がますます重要になります。この教育改革に先立ち、「SG-Academy」ではスクール生の年齢に応じて必要なライフスキルが身につくよう主体的に考えて実践するプログラムを構成。バスケレッスンの中でゲームや ロールプレイを通じて、コミュニケーション力や自己管理能力の向上を図ったり、クラスや ゲームの振り返りを通じて自己理解を深めます。バスケットボールを入り口に、激動の時代を生き抜く力を楽しみながら身につけられる新しいスクールです。

今後の展望について
 事業第1弾の「SG-Academy」につづいて、「食」「エネルギー」「ヘルスケア」など、 “Seventh Generation“のコンセプトに基づいた事業を通じて、持続可能な社会を実現するための課題に取り組みます。
 事業第2弾は、2019年11月に滋賀県大津市に開業する「BRANCH大津京」内において開始予定。また、当施設では「NINJA AIRS.EXE」の拠点としてチーム活動も展開します。今後も当社は七代先まで持続可能な社会の実現に向けて、様々な事業を創造していきます。


スクール事業概要
名称:SG-Academy
開始日 : 5月7日
開催場所:大津市内各所(2019年5月-11月は下記3会場で実施)
■大津市勤労者体育センター
大津市打出浜1番6号
http://www.otsu-gojokai.jp/stadiumcenter
■におの浜スポーツセンター
大津市におの浜4丁目2番40号
http://www.nionohama-sfc.com/guide/index.html#8
■皇子が丘スポーツセンター
大津市皇子が丘1丁目1番1号
http://otsukoen.org/ojigaoka
■カテゴリ:
・U6(3-6歳)
・U12(小学1年生-小学6年生の初心者)
・スキルアップU12(小学1年生-小学6年生の経験者)
・スキルアップU15(小学5年生-中学3年生の経験者)
■費用:
入会金3000円、年会費3000円、月謝:6000円(すべて税込)
※詳細は公式HPをご参照ください

会社概要
■代表:牧貴士、山元圭太、深尾昌峰
■設立年月日:2018年12月21日
■会社HP:http://seventhgeneration.co.jp/
■所在地 :滋賀県大津市日吉台3丁目27番1号
■資本金:1,000万円
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Seventh Generation Project >
  3. 七代先まで持続可能な社会をつくるスポーツエンタメカンパニー「SeventhGenerationProject」が滋賀で本格始動